ワークマンのZERO DRY Tシャツは本当に汗を肌から遠ざけて快適だった!

   2019/06/16

ワークマンの
2019年春夏モデルとして新発売された
「肌がさらさら ZERO DRY」
Tシャツシリーズを紹介!

またまた
機能性高そうなものが格安だったので
早速買って使用しました。
そのレビューの紹介です。

本当に汗を肌から遠ざけて
肌はさらさらで快適だった!

スポンサードリンク
 

ワークマンのZERO DRY Tシャツは本当に汗を肌から遠ざけて快適だった!


 
「肌がさらさら ZERO DRY」という
Tシャツのシリーズが
ワークマンの2019年春夏モデルとして
新発売されました。

このTシャツ
肌がいつもさらさらになるメカニズムを
採用しているということで
なにやら高機能そうな感じ。

それが980円と格安ならば試さずには
いられないということで
早速買って登山で試してきました。

登山では汗をたくさんかくので
登山で着るインナーなどは
汗冷えなどをできるだけしないように
吸汗速乾という機能が
重要になってくるんですよね。

ということで、今回試した
この「肌がさらさら ZERO DRY」
どれぐらい汗を吸って速く乾くのか
肌はどれぐらいさらさらなのか
実力具合をレビューしたいと思います。

思った以上の実力でしたよ。

「肌がさらさら ZERO DRY」Tシャツ

「肌がさらさら ZERO DRY」
汗を肌から遠ざけ、いつも肌がさらさら。
吸汗速乾と紫外線カット機能。
脇部分が立体裁断になっているため、
腕が上げやすく、すそが上がりにくい
という特徴があります。

そしてこのTシャツシリーズは
半袖Tシャツ、長袖Tシャツ、
長袖ハーフジップの3種類のライナップ。
 

《「肌がさらさら ZERO DRY」》

半袖Tシャツ

長袖Tシャツ 

長袖ハーフジップ 

 
【価格】
 半袖Tシャツ:980円(税込)
 長袖Tシャツ:980円(税込)
 長袖ハーフジップ:1500円(税込)

【サイズ】
 M、L、LL、3L

【カラー】
 オレンジ、ライムイエロー、ブラック
 ネイビー、シルバー、カーキ

【素材】
 表側:ポリエステル100%
 裏側(白糸):ポリプロピレン100%
 

【「肌がさらさら ZERO DRY」最大の特徴】
 表と裏で違う素材を採用した2層構造で
 裏の生地で汗を吸い上げ表の生地へ移行させ
 表の生地に移行した汗を素早く発散させる。
 
[表生地]ICE TECH
表生地に移行した汗を素早く
     発散させる。

[裏生地]ZERODRY
汗を吸い上げ素早く表生地に
     移行させる。
      ↓
 これにより汗が肌に残らず
 肌がさらさらドライ感を保てる。


 

スポンサードリンク

「肌がさらさら ZERO DRY」Tシャツのレビュー

今回は長袖Tシャツの
「肌がさらさら ZERO DRY」
買ったのでそれで登山で試しました。

今回試した状況は

1.標高200mくらいの山
 天候は晴れ、気温20度くらい、無風

 

2.標高600mくらいの山
 天候晴れ、気温25度以上、無風

 
条件的には汗をかきやすい状況で
気温も高いので汗が乾きやすい状況です。
 
 
自分は普段はファイントラックという
アウトドアメーカーから発売されている
スキンメッシュというものを
インナーの下に着て愛用しています。

スキンメッシュは
強力に汗を吸い上げて肌に汗を残さないという
優れもので汗冷え解消の最強アイテムなんですが
(スキンメッシュの記事はこちら

今回のこの
「肌がさらさら ZERO DRY」
それと比べてもどんなものなのかも
興味深いところですね。
 
 
【本当に肌はさらさらを保てたか?】
汗の肌離れについては
思っていた以上でした。

山を登ってけっこう汗をかきましたが
休憩の時など汗のベトベト感は
ほとんどなく本当にさらさらでした。

汗のかいたところの生地を
表と裏両方触りましたが
表面は汗でベトベトでしたが
裏面の生地はけっこうさらさらしていました。

表と裏で違う素材を採用した2層構造の
特徴がよく出ていましたね。

普通のポリエステルだけや綿だけの
素材ならこの感覚はないので
この点では980円という値段で
この機能はコスパ高し思いました。

 
 
【速乾性はどうなのか?】
速乾性に関しては
着た日が晴れていて気温が高かったので
乾くのも速かったです。

曇りやもう少し気温が低い時の
乾きやすさどの程度かは今後の
使用で確認したいと思います。

しかしながら
先ほども書いたように
汗の肌離れがいいので速乾性に関しては
特に気にならないかも。
 
 
【汗冷えはどうなのか?】
汗冷えに関しては
今回の着た条件下ではなかったです。

200mくらいの山に行った時に
日が当たらない東屋で休憩したとき
ちょっと涼しい状況で
汗をかいた後にもかかわらず
汗冷えはなかったです。

一緒に行った友人は汗が冷えて
寒いと言ってましたので
肌離れが良いこのZERO DRYの
機能が活きたのかなと思います。

しかしもっと気温が低い状況や
風がある状況では未知数なので
どこまでのポテンシャルがあるかは
今後試せたらいいかなと思います。
  
  
【その他】
サイズはMを買いました。
ちなみに身長167cm
全体的にはちょうど良いサイズ感。

脇のデザインが黒いので
痩せて見える感じがうれしいかも(笑)

↓着た感じ

まとめ

ワークマンの
「肌がさらさら ZERO DRY」
Tシャツシリーズの紹介でした。

結論としては
980円でこの機能ならば
買いですね。

コスパ非常に高いと思います。

特に良かったのは
汗の肌離れが良いので
汗のべとつきがほとんどないのが
ちょっとビックしました。

登山や普段の運動の時などに
すごいいいと思いますよ。

登山で使用する場合は
環境が厳しくない
春から初秋の1000m以下くらいの
山で使用がいいかなと感じました。

ちなみに
厳しい環境での登山や
汗冷えをもっと解消したいなら
ファイントラック社から発売されている
スキンメッシュ ドライという
インナーがオススメですよ。

少し高価ですが
低い山から高い山
年中登山するなら必須アイテムです。
こちらの記事で紹介してます。

※汗離れなどの感覚は個人差があるので
 ご了承ください。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。