クレジットカード利用は借金と同じだ!脱借金デビッドカードのすすめ!

   2018/07/17

クレジットカードの利用は
借金と同じという認識ありますか?

そんな認識を持っていて
クレジットカードをあまり利用したくないと
思っている方へおすすめするカードがあります!

それはデビッドカード!

どんなカードなのか?
デビットカードについて紹介します!

スポンサードリンク
 

クレジットカード利用は借金と同じだ!脱借金デビッドカードのすすめ!

クレジットカードの利用は借金という認識していますか?

ほとんどの方が
そのように認識して使いすぎないように
気をつけながら利用していると思いますが
そのような不安からクレジットカードを
利用してない人もいるかと思います。

自分はそのような認識しながらも
クレジットカードでショッピング、キャッシングを
使いすぎ多額の借金を今返済中でなんですよね。

いわゆるカード地獄を味わっております(汗)

なので現在はクレジットカードは公共料金の
支払い等以外はほぼ使用しておりません。

もう怖くてクレジットカードは使いたくない
と思っているのが今の気持ちです。

しかし、それだとネットで買い物したり
できないんですよね。
贅沢なものを買うわけではないですが
生活必需品がネットだとお得な時とかには
利用したくなるんですよね。

そんな時に見つけたのがデビットカード!

クレジットカードのほぼ代わりになる存在になり
借金をしたくない人が安心して使える
など今の自分にぴったりのカードなんです。

今回は同じ境遇の人や
クレジットカードに不安を持つ人におすすめしたい
デビットカードについて紹介したと思います。

デビッドカードとは?


 
デビッドカードとはVISAやMasterCard、JCBなどの加盟店で
ショッピングができる即時決済型のカードのことです。

デビッドカードの最大の特徴は即時決済。

そのためデビットカードを利用すると
即時に提携している銀行の口座から引き落としされます。

月末に支払いが確定して翌月に支払いをする
クレジットカードとの最大の違いはこの点です。

即時引き落としされ現金感覚で使うことができるので
後から引き落とされるよりお金の管理がしやすくなります。

《主なデビットカード》
・楽天銀行デビットJCB
・楽天銀行VISAデビット
・セブン銀行デビットカード
・住信SBIネット銀行VISAデビット
・ジャパンネット銀行VISAデビット
・三菱UFJ VISAデビット
・三菱UFJ JCBデビット
・SMBCデビット

など

デビッドカードのメリットやデメリットは?

現金感覚で利用出来るデビッドカードには
クレジットカードや現金払いにない
いろいろなメリットがあります。

その反面デメリットな面もあるので
よく把握してしておきましょう。

メリットは意外と多いですよ。
 

《デビットカードのメリット》

●審査なしでカード発行ができる
デビッドカードは銀行の口座が作れる人なら
ほとんどの銀行で審査なしにカードが発行できます。

なので
クレジットカードの審査が通らない人なども
カードを作れる可能性が高い。

また15〜16歳以上の高校生ならカードが作れるので
クレジットカードよりもデビットカードを
持つ人が増えるのではないでしょうか。

●クレジットカードと同じ加盟店で利用出来る
デビッドカードにも国際ブランドがついてます。
これはクレジットカードと同じですね。
VISA、MasterCard、JCBなどです。

なのでほとんどのところで利用できます。
ネットでの買い物もほとんど可能です。

●デビットカードは使いすぎない
デビッドカードは使用したら銀行の口座から
即時引き落としされるので口座残高以上の
利用はできません。

なので引き落とし口座に入れるお金を制限しておけば
使いすぎを防げるのです。

その点クレジットカードは
自分の資産以上の利用してしまう可能性があるので
借金経験がある人や現在借金している人には
デビットカードが適しています。

●ATMに行く手間が省ける+ATM手数料を節約できる
デビッドカードを利用すればATMでお金をおろす回数が
減るので行く手間が省けてます。
また、ATMでおろす回数が減ると手数料も
かからなくなるので節約できる可能性があります。

●ポイントを貯められたり、キャッシュバックもある
利用するデビットカードによっては
ポイントを貯められたり、
キャッシュバックもあるので
現金で買い物するよりもお得度が増します。

 

《デビットカードのデメリット》

●口座残高以上の利用ができない
これはデビットカードのメリットであり
デメリットなところです。

残高にお金がないとそれ以上は買えないので
大きな買い物はクレジットカードの利用になりますね。

●ポイントやキャッシュバック還元率が悪い
クレジットカードなら還元率1.0%なのに
デビッドカードになると0.5%になるなど
還元率は悪い傾向にあります。

●デビットカードを発行しているところが少ない
デビットカードはクレジットカードと比べると
圧倒的に発行していところが10社くらいと
少なく選択肢がないです。

●デビットカードに分割やリボ払いはない
デビッドカードはすべて1回払いですので
クレジットカードのように分割やリボ払いはないです。

スポンサードリンク

デビッドカードを使ってみた感想あれこれ

自分が現在利用しているのは
楽天銀行デビットカードJCBです。
 

 
このデビッドカードにした理由は
楽天銀行の口座を持っていたのと
楽天ポイントを利用しているので
ポイント還元率が1.0%と率が高いのと
年会費が永年無料だったからです。
当然審査も不要でした。

デビットカードは自分の環境に合わせて
選ぶと良いと思います。

では実際使ってみた感想です。

●デビットカードを利用するときは
クレジットカード利用と同じくカード払いでと言って使えば良い。

あまり認知度が高くないためかデビットカードでと
いうと戸惑う店員もいるので普通にカードでと
言って使えばすんなりいきます。

●ネット利用は大半は使えるが中には
クレジットカードのみの場合もあるから注意

ネットの利用はAmazonなど普通に使えます。
ちなみにGEOのネットCD DVD宅配レンタルでは使えなかったです。
他にも使えないとこあるかもしれませんが
ネットショッピングはほぼ大丈夫です。

ネットショッピングでの注意点として
ネットショッピングでは注文したらすぐ引き落としはされません。
注文して受付処理か配送処理されたら引き落としがされるので
少しタイムラグがあるのでご注意を。

●普段のスーパーなどでの食料品の買い物にも
楽天ポイントがつくので現金で買うよりお得感が増した。

ちなみにスーパーではないですが
ファミレスのサイゼリアでは使えなかったです。
サイゼリアはクレジットカードも使えません。
ちなみに電子マネーもつかえないです。
(一部ショッピングモールなどのサイゼリアは使えるようです)

●ATMを利用する回数が減った

●利用して銀行の口座を見たら
本当にすぐに引き落としされている

●サインや暗証番号入力なしで使える店が多いが
たまに暗証番号入れてくれという店もあるので
自分で設定した暗証番号は覚えておこう。

まとめ

デビットカードどうですか?

借金してると同じクレジットカードに不安な方
借金が原因でクレジットカード持てない方など

クレジットカードのほぼ代わりになる
デビットカードおすすめですよ。
 

チェック!
ほか借金、カードに関する記事もご参考に!
借金を競馬で作ったらどうする?競馬をすぐに辞めて借金返済すべし!
借金をして困った時に知っておいたほうが良い解決方法。
借金で苦しくなったら弁護士か司法書士に相談した方が良い理由
カードで支払いをリボ払いにしたらとんでも無く金利手数料をとられる話
キャッシングの総量規制の対象外があるせいで借金が増えてしまった話
借金返済のための借り換えをした後に失敗しないための注意点とは?
借金の返済を成功させるためにやった方が良いことは?ただいま実践中
借金返済を成功させる為に利息の計算方法知って自分の借金を把握しよう
借金を早く返すには?繰上げ返済をしてどんどん借金を減らそう
複数借金の返済は優先順位を決めよう。計画的返済で早期完済を目指す。
エポスカードへ過払い金請求をした体験記、本当にお金が戻ってきた!
借金を減らしたい人が月々の返済金を捻出するためのコツとは?
借金に関するいろいろな悩みや疑問を解決!借金問題Q&A

 

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。