借金に関するいろいろな悩みや疑問を解決!借金問題Q&A

 

借金に関するいろいろな悩みや疑問を解決!

借金をしてしまうと
どうしたら良いかわからない悩みや
これどうなの?
これ大丈夫なの?
いろいろな疑問などが出てくると思います。

そのような借金問題の
悩み、気になる疑問などを紹介します。

スポンサードリンク
 

目次

借金に関するいろいろな悩みや疑問を解決!借金問題Q&A

始めて借金をしてしまった人や
関わってしまった人などは
借金に関しての悩みや疑問、不安など
いろいろ持っていると思います。

自分も現在、
作った500万円もの借金を返済中ですが
いざ解決をするにあたり
これをしたらどうなるの?とか
いろいろな疑問や不安が出てきましたね。

そこで今回は
借金解決の一歩になってくれたら良いと思い
いろいろな借金に関する悩み、疑問などを
一挙に集めて紹介したいと思います。

任意整理、個人再生、特定調停、自己破産のQ&A

Q.任意整理の長所と短所は?

A.
任意整理は、裁判所などを通さないで債務者と債権者の間で
毎月の支払いなどの減額交渉して借金額減らすことです。
長所と短所は以下になります。

【任意整理の長所】
●裁判所を通さずに交渉をするため周囲に知られずに手続きができる。
●督促の電話がこなくなる。
●官報に載らない。
●職業制限や資格制限がない。
●任意の借入先とだけ手続きできる。

【任意整理の短所】
●5年ほどはブラックリスト(信用情報機関)に
載ってしまうのでカード利用等が出来なくなる。
●借金の減額が目的なため借金が
全額免除されるわけではない。

Q.個人再生の長所と短所は?

A.
民事再生法を根拠にして裁判所の手続きにおいて
借金を整理することです。
長所と短所は以下になります。

【個人再生の長所】
●借金が大幅に減額される場合が多い
●職業などで資格制限を受けない
●借金の理由を問われない

【個人再生の短所】
●複雑な手続きをこなさないといけない
●ブラックリストに載る
●費用が比較的高めになる

Q.特定調停の長所と短所は?

A.
特定調停は裁判所が仲介して借金整理が行われることです。
長所と短所は以下になります。

【特定調停の長所】
●費用が安い
●借金の原因は問われない
●申立後数日で取り立てが止まる
●債権者の承諾がなくても支払計画が認められる可能性が高い
●官報に載らない

【特定調停の短所】
●仕事を休んで何回か裁判所に出頭しなければならない
●申立に手間取るとそれまで債権者から取り立てを受ける
●調停が成立しない可能性がある
●これまでに未払利息、遅延損害金があれば支払わねばならない
●過払い金は取り戻せない
●ブラックリストに載る

Q.自己破産の長所と短所は?

A.
裁判所に破産を申し立てをして
借金を0にすることができる債務整理の方法です。
長所と短所は以下になります。

【自己破産の長所】
●借金が全額免除される

【自己破産の短所】
●ブラックリストに載る
●財産が処分される場合がある
●職業の制限がある
●官報に載る

Q.自己破産をすると会社を辞めないといけないの?

A.
通常に仕事をし、就業規則を遵守していれば
会社を辞める必要はないです。

もし解雇されれば不当解雇になります。

Q.自己破産をすると銀行預金ができなくなったり
選挙権がなくなったりするのですか?

A.
銀行預金はできて、選挙権もなくなりません。
ただし金融機関からの借り入れは出来ません。

スポンサードリンク

過払い金に関してのQ&A

Q.過払い金は全額返還されるの?

A.
過払い金の返還は交渉具合により返還額が変わってきます。
一般的に70〜90%くらいのようです。
依頼した弁護士や司法書士の腕次第でしょうか。

Q.過払い金を請求して返還されるとブラックリストに載るの?

A.
基本的にはブラックリストに載ることはないです。

Q.過払い金を請求するために貸金業者に取引履歴を
請求したいのだけどもらえるの?

A.
取引履歴の開示は貸金業者の義務になっているので
請求すればもらえます。

自分の経験ですがエポスカードに開示請求しましたが
個人で請求したものと弁護士が請求したものでは
取引履歴の内容の濃さが違いました。

個人で請求したものは簡易的でしたが
弁護士が請求したものは細かく掲載されていましたね。

請求するならプロに任せた方が良いと思います。

Q.借金を完済してからしばらく経つけど過払い金は請求できる?

A.
完済から10年以内なら過払い金の請求はできます。

Q.過払い金の請求は個人でできるの?

A.
個人でもできますがおすすめしないです。

過払い金の請求はいろいろな手続きしたり
貸金業者とやりとりしなければなりません。
法律や実務の経験がない素人では円滑にいかないです。

貸金業者も個人が相手だと足元を見られて過払い金の
返還額が少なくしてくることもあるようなので
プロに任せた方が良いでしょう。
 



 

その他いろいろな悩み、疑問のQ&A

Q.家族に内緒に借金してしまいました。
家族にバレないでしょうか?

A.
貸金業者からの督促や取り立てが原因で
バレてしまうことは良くありますが
弁護士や司法書士に債務整理を依頼することで
督促や取り立てが止まりますので家族にはバレにくくなります。

しかし借金問題は家族に正直に話し
協力してもらい解決した方が近道だと思います。

Q.借金整理すると借金のことを家族や会社に
知られますか?最後まで内緒にしたいです

A.
家族や同僚が保証人等になっていなければ
弁護士や司法書士が代理人となって借金整理を
進めれば内緒でできます。

官報に氏名が掲載されてもほとんどの人が
見てないので知られる可能性は低いです。

しかし自己破産する場合の手続きで
将来受け取れる退職金額を証明する書類などを
請求すると会社に知られる可能性はあります。

Q.借金の返済で精神的にどうにかなりそう。
どうすれば良いですか?

A.
もし借金をして一人で悩んでるなら
弁護士や司法書士などのプロに相談すべきです。

そして家族にも内緒にしていたら打ち明けて
協力してもらいましょう。

プロに相談すれば何かしら道が開ける可能性が高いです。
自分も弁護士に相談した時は気が楽になった経験があります。

Q.毎月の返済が苦しいのでカード会社に相談しようと思います。
相談して大丈夫でしょうか?

A.
相談しない方が良いでしょう。

カード会社などの貸金業者に相談した場合
契約書にのっとって一括請求されたりするだけです。

相談するなら弁護士や司法書士に相談し
依頼したなら貸金業者との交渉はやってくれます。

Q.借金がふくらんで生活できなくなってきた。
どうしたら良いでしょうか?

A.
弁護士や司法書士に相談して
借金の任意整理を検討した方が良いです。

弁護士や司法書士が貸金業者と交渉してくれて
生活に支障のない額で返済できるようになります。

Q.毎日返済催促の電話や取り立てがくるのですが
なんとかなりませんか?

A.
弁護士や司法書士に債務整理の依頼をしましょう。

弁護士や司法書士は依頼を受けると
全ての債権者に受任通知を送ります。

受任通知が送られると債権者は
借金した本人には取り立てや催促を
することができなくなります。

まとめ

借金問題の悩み、疑問の紹介でした。

多額の借金すると本当に返せるのか?
これからどうなるのか?
本当に不安になります。

自分も返済を本気で考えた時そうでした。
まだ自分は返済中ですが
やはり弁護士の人やいろいろな人に相談したことは
よかったと思っています。

もし一人で悩んでるいたら
まずは相談してみることをオススメしますよ。

 

チェック!
ほか借金、カードに関する記事もご参考に!
借金を競馬で作ったらどうする?競馬をすぐに辞めて借金返済すべし!
借金をして困った時に知っておいたほうが良い解決方法。
借金で苦しくなったら弁護士か司法書士に相談した方が良い理由
カードで支払いをリボ払いにしたらとんでも無く金利手数料をとられる話
キャッシングの総量規制の対象外があるせいで借金が増えてしまった話
借金返済のための借り換えをした後に失敗しないための注意点とは?
借金の返済を成功させるためにやった方が良いことは?ただいま実践中
借金返済を成功させる為に利息の計算方法知って自分の借金を把握しよう
借金を早く返すには?繰上げ返済をしてどんどん借金を減らそう
複数借金の返済は優先順位を決めよう。計画的返済で早期完済を目指す。
エポスカードへ過払い金請求をした体験記、本当にお金が戻ってきた!
借金を減らしたい人が月々の返済金を捻出するためのコツとは?

 

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。