二日酔いになってしまった時の対処法とは?二日酔いの症状を緩和しよう

   2017/05/07

飲み会でつい飲みすぎたりして
二日酔いになった経験ありますよね。

頭痛や吐き気などの症状で
会社行くのも嫌になります。

今回はそんな二日酔いに
なってしまった時の対策を
紹介したいと思います。

スポンサードリンク
 

二日酔いになった時の対処法

日本人の約半分はお酒に弱い体質で
アルコールの分解時に必要な酵素の遺伝子構造
によってお酒に強いか弱いか決まるそうです。

自分もお酒は弱いので
二日酔いにもなりやすいです。
そこで二日酔いを緩和させる
対処法を調べましたので紹介します。

  • 水をたくさん飲む
    二日酔いになると軽い脱水状態が起こります。
    その状態から脱出するため水分をたくさん補給しましょう。
    嘔吐した時も水分を取るとよいです。

     また、たくさん飲むことで
    血液中のアセトアルデヒドの濃度を薄めます。

     今まで二日酔いの時は水は良く飲んでましたが
    正しかったんだと改めて思いました。

  • 二日酔いを軽減させる食べ物を食べる。
    例えば、しじみアサリの味噌汁、はちみつ
    バナナなどがあります。

      しじみにはオルニチンという成分が入ってます。
    これが肝臓の働きを正常化して二日酔いの症状を和らげます。

      あさりにはタウリンという成分が入ってます。
    これが肝臓の働きを正常化したり、
    アルコールの分解を早めます。

      ハチミツにはアセドアルデヒドを分解する
    果糖が含まれています。

      バナナには肝臓の働きを邪魔する分子を中和する
    働きをするビタミンCが含まれています。

      しじみ、あさりの味噌汁は
    良く二日酔いの時飲んでましたが
    このような理由だったとは知らなかったです。




  •  

  • 二日酔いを軽減させる飲みものを飲む。
    例えば、グレープフルーツジュース
    トマトジュースコーヒーなどがあります。

      グレープフルーツジュースはアセドアルデヒドを分解する
    フルトークスという果糖が含まれています。

      トマトジュースはアルコールの分解を早める
    ブドウ糖やグルタミン、アラニンが入っている。

      コーヒーに含まれるカフェインが
    血管を収縮作用があるので
    二日酔いによって血管が膨張して
    起きる頭痛を軽減します。

      トマトジュースやコーヒーは
    二日酔いの予防の記事にも
    出てきましたが飲む時にはとにかく
    飲んだ方がいいみたいですね。

  • 市販の薬を使用する
    二日酔いでの吐き気やむかつきがある場合は
    塩化カルニチンなどが配合された胃腸薬がいいです。
    塩化カルニチンは胃腸の機能を調整してくれます。

      頭痛がする時はイブプロフェンが配合された
    頭痛薬がいいです。
    イブプロフェンは鎮痛効果があります。

      しかし頭痛薬はお酒との相性が悪いものも
    ありますので購入する前に薬局で相談しましょう。

      自分は胃腸薬は良く利用します。
    二日酔いの治りも早い感じがしますね。
    症状によっては薬は飲むと効果があるなと思います。

まとめ

二日酔いの対処方法は
思ったよりいろいろありますね。

二日酔いは辛いので
症状による対処をして緩和させましょう。

お花見、歓迎会が多くなるこの季節
参考になれば幸いです。
以上二日酔いの対処法の紹介でした。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。