実質ポイント還元率2%が実現できる「Kyash Card」って知ってる?

 

スポンサードリンク

今キャッシュレス化が推し進められる中
普段の買い物などでクレジットカードを
使い始めた方も多いのではないでしょうか?

そのカードのポイント還元率は何%ですか?
大体が多くて1%だと思いますが
それを倍の2%にしたいと思いませんか?

そんなことを可能にするカードがあるんです。
それが「Kyash Card」というカードなんです。

実質ポイント還元率2%にできる
お得なカードの紹介です!

スポンサードリンク
 

「Kyash Card」とはどんなカード?

「Kyash Card」というカードを知っていますか?
聞きなれないカードだと思います。
実際自分の周りで使ってる人を
見たことがないですし(笑)

なのでメジャーなのかマイナーなのか
ちょっとわからないですが自分が使ってみて
お得なカードということだけは言えます。

「Kyash Card」
株式会社Kyashが発行している
国内や海外のVisa加盟店で決済できる
プリペイド方式のカードです。

プリペイドカードなのでチャージが必要になるけど
一部の場合を除きクレジットカードやデビッドカードを
使う感覚で使えるカードなんですよね。

しかもICチップ搭載していたり
Visaのタッチ決済対応していたりするので
セキュリティや使い勝手の面でも
よりクレジットカードやデビッドカード
に近い感覚のカードです。

ということで
大抵のクレジットカードやデビッドカードが
ポイント還元率1%や0.5%の中
この「Kyash Card」を使うことで
実質ポイント還元率が倍の2%になる
という
すごいお得なカードを紹介したいと思います!

実質ポイント還元率が2%になる仕組みとは?

まず株式会社Kyashが発行しているのは
Kyash Cardの他にKyash Card Liteや
Kyash Card Virtuaiがありますが
「Kyash Card」のみがポイント還元率が
1%なのでポイントの二重取りが実現できる
のはこのカードだけです。

なのでカードを作るときは
間違えないように注意が必要です。
  
  
【実質ポイント還元率が2%になる仕組みとは?】
この「Kyash Card」は冒頭にも書きましたが
プリペイドカードだということ。

なのでチャージが必要になります。
 
  
チャージの方法は
・銀行から直接チャージ
・手持ちのクレジットカードや
 デビッドカードからチャージ
 (だだしVisaとMastercardのみ)
・コンビニ、セブン銀行ATM、
 銀行ATM(ペイジー)からチャージ
・その他提携サービスからチャージ

この4種類ですが
この中のクレジットカードかデビッドカード
からのチャージを選択します。

そうすることで

クレジットカードかデビッドカードの
ポイントも入るし
「Kyash Card」を使うこと1%入るので
クレジットカードかデビッドカードの
ポイント還元率が1%ならば合わせて
実質2%のポイント還元率実現というわけです。

「Kyash Card」の特徴やメリットとデメリットは?


出典:Kyash
 
「Kyash Card」の機能の特徴や
使う場合のメリットとデメリットなどを
みてみたいと思います。
 
 
《「Kyash Card」の機能の特徴》

出典:Kyash
 

  
《「Kyash Card」のメリット》
●「Kyash Card」のポイント還元率が
  1%あるのでクレカなどを紐づければ
  ポイントの2重取りができる

●還元されたポイントは
 1ポイント1円としてまた使える

●ICチップ(4桁暗証番号)やVisaタッチ決済が
 使えるなどクレジットカードと同じ感覚で使用できる

●アプリと連動しているので
 チャージや残高、履歴などがアプリで
 すぐに確認することができる。

●年会費が無料

 
 
 

 
《「Kyash Card」のデメリット》
●1回あたり、月あたりの決済上限がある

●ポイント付与上限がある

●発行手数料が900円かかる

●クレジットカードかデビッドカード感覚で
 使えるが支払いに利用できる条件が狭い
 
 
※支払いに利用できない場合
【実店舗】
・毎月の継続的なお支払いや、
 自動更新手続き(契約)が発生する加盟店

・一部の月額/継続契約の利用料金のお支払い
・ガソリンスタンドでのお支払い
・高速道路通行料金(有人ブース)でのお支払い
・一部の航空会社、航空券予約、購入
・一部のホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い
・レンタカーのご利用料金のお支払い
・各種プリペイド、電子マネーの購入、
 チャージ代金のお支払い、
 nanacoクレジットチャージ/
 楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ
 
 
【実店舗】
・一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
 毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続きが
 発生する加盟店などでご利用いただけません。
 公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/
 インターネットプロバイダー利用料/
 WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/
 保険料/レンタルサーバ/
 ウオーターサーバ定額サービス/
 通信教育/各種月会費など

・一部の航空会社のお支払い
・一部の宿泊施設(ホテルなど)のお支払い
・各種プリペイド、電子マネーの購入、
 チャージ代金のお支払い
 nanacoクレジットチャージ/
 楽天Edy/Vプリカ など

・3Dセキュア導入のサイトでのお支払い
・その他

「Kyash Card」を実際に一年間使ってみた感想

私は昨年から使い始めてちょうど1年になりますが
その使ってみた感想を買いたいと思います。

私の使い方は主に
普段の食料品をスーパーで買ったり
コンビニ、本屋やユニクロ、アウトドアショップなど
で買うときに使用しています。
ネットではほぼ使用しません。

使ってる感覚はクレジットカード感覚です。
なので暗証番号求めらえても対応しています。

このように使っている中で
一番いいなと思っているのが
普段のスーパーで使用できることです。

1ヶ月で食料品を買う割合ってけっこうあると
思いますが、それをこの「Kyash Card」を
使えばポイントが実質倍になるんですよ。

例えば月に5万円スーパーで使うとして
ポイント還元率1%のクレジットカード使用で
500円の還元となります。

「Kyash Card」使えば倍の1,000円還元。
年間でいうと6,000円も差が出るんですよ。

これ大きいと思いませんか?

なので私は絶対利用する普段のスーパーでの
買い物に「Kyash Card」利用してます。

残念なのは普段の公共料金の支払いなどに
使用できないところ。
これも使えればもっとお得なのになと思います。

まあ使ってみて使えれば
ラッキー感覚で使用してますけどね。
  
 
あと、自分が利用しているスーパーで
1店舗だけカードをスライドさせて
読み込むタイプのレジを使用している
スーパーがあるんですがここではなぜか
エラーが出て使えませんでした。

他のスライドさせて読み込む店もありますが
ここだけなぜか使えないのが不思議に思ってます。
 
 
また、このカード見慣れない
シンプルなデザインのカードなので
差し出すと不思議がられますが
クレジットカードでと言って使えば問題無いです。
プリペイドカードだという説明は不要。
1回払いでと言っとけば大丈夫です。

「Kyash Card」の発行・申し込み方法は?

申し込み方法は簡単です。

まずアプリをダウンロードして
会員登録をします。

アプリで「Kyash Card」を申し込み
すればOK。

クレジットカードなどを登録して
チャージすれば使用できます。

アプリのダウンロードはこちら↓
Kyashアプリ

まとめ

どうですか?
「Kyash Card」でポイント2重取りして
ポイント還元率を実質2%にしてみませんか。

うまく利用すればポイントが倍になり
お得になりますよ。

クレジットカード利用しているなら
試してみる価値はあると思いますよ。

特に絶対利用するスーパーでの買い物に
利用すれば一番お得にポイントが貯まると思います!

ポチッとしていただけるとありがたいです↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。