折りたたみ傘が濡れた後にカバンに収納できるケースがとても便利!

 

折りたたみ傘が濡れた後どうしてますか?
置き場所に困ったりいっその事
カバンに入れたいけど濡れているから
無理とかありますよね。

そんな時に濡れたまま折りたたみ傘を
収納できる便利なケースがあるんです。

濡れた折りたたみ傘の
煩わしさから解放されますよ。
そんな便利なケースを紹介しますね。

スポンサードリンク
 

折りたたみ傘が濡れた後にカバンに収納できるケースがとても便利!

雨の日は普段から折りたたみ傘を
よく使用しているんですが
濡れた後にその処理に困るんですよね〜

特に電車に乗るときなどは
カバンに入れたいですし
しかし入れると濡れるし
なんかいいものないかなぁと
思っていたところ見つけたのが

濡れた折りたたみ傘を収納できるケース「SUSU」です。

これで雨の日電車に乗っても
傘をカバンにしまって
傘を持たずに両手があいて便利に。

そんな便利なケースを紹介します。

濡れた折りたたみ傘を収納できるケース「SUSU」

濡れた折りたたみ傘を
収納できる便利なケース

そのケースの名は「SUSU」と言います。
1,000円前後で買えます。

 
濡れた折りたたみ傘を収納できる
便利なケース「SUSU」は 
ケースの中にマイクロファイバーの
超吸水モールがあり濡れた傘を入れると
素早く傘の水分を吸収してくれます。

ケースから水が漏れることもないので
ケースごとカバンに入れることができるんです。

濡れた折りたたみ傘って
結構置き場所などどうすれば
良いか悩みますよね。

電車に乗るとき
仕事場に入るとき
お店に入るとき
などすごい便利ですよ。

スポンサードリンク


↑ケース自体のサイズは約28センチ×10センチ

↓ケースの中の超吸水モールが
水分を吸収してくれます。

↓傘を入れた状態です。
入れれる傘のサイズ上限があります。
たたんだ状態で全長24センチ、
周囲の長さ17センチまでの傘が
収納可能になってます。

●気になった点

傘を入れるときに気づいたのですが
ケースのチャックを全開にすると
傘を入れた後に締めずらかったです。

チャックを半分くらい開けた状態で
傘を入れると入れやすかったです。
ご参考に。

また、ケースが濡れたあとは
ちゃんと乾かしましょう。
ほっとくと生乾きのイヤなニオイにやられますよ。

まとめ

折りたたみ傘を濡れたまま
カバンに収納できるケース
SUSU がとても便利ですよ。

折りたたみ傘をよく使う方試してみては。
折りたたみ傘の大きさによっては
入らないので気をつけてくださいね。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。