一人暮らしでのお金に関する不安、契約や支払いトラブルの注意点は?

 

一人暮らしでのお金に関する不安て
いろいろあると思います。

カードでの支払いの事や
悪徳商法に負けて契約してしまったなど

そんな支払いや契約トラブルの
注意点や解決方法を紹介します。

スポンサードリンク
 

一人暮らしでのお金に関する不安、契約や支払いトラブルの注意点は?


 
一人暮らしをすることになると
いろいろなお金に関する支払いや契約事は
自分で管理していく事になります。

しっかり管理しないと
思わぬトラブルに遭う可能性も。

公共料金を滞納してしまった。
カードの支払いで買った額より多く支払う事になった。
悪徳商法(マルチ、キャッチセールスなど)のトラブル。

このようにお金に関するいろいろな
トラブルなどの注意点や解決方法
頭に入れておきましょう。

お金の支払いについての注意点

生活しているとお金の支払いはいろいろありますが
一人暮らしで部屋を借りて住んでいると
必ず支払う事になる公共料金や
支払いに何かと便利なカード支払いなどがあります。

これらの注意点について紹介します。

《公共料金の支払いに関する注意点》
●公共料金を滞納するとどうなる?
公共料金(電気、ガス、水道代など)は
滞納(支払いをしない事)が続くと供給が止められます。

支払いを忘れていた、お金がなくて支払いができない
などで滞納してしまうとまず督促状が届きます。
それでも支払わず滞納が続くと止められてしまうので
忘れた場合でもすぐに支払いしましょう。

●公共料金は自動引き落としにする
自分でコンビニなどで支払いなどしていると
ついうっかり支払いを忘れるなどありますので
支払いは自動引き落としにしましょう。

 

《クレジットカードの支払いに関する注意点》
クレジットカードの支払いについて
よく理解していないと買った額以上に支払うこと。
いくつかある支払い方法を知っておきましょう。

●一括払い
カード支払いの一括払いは基本的に無利息です。
なので買った額以上に支払うことはないです。

●分割払い
何回かに分けて支払う方法。
分割手数料がかかるので買った額より
多く支払うことになります。

●リボルビング払い
リボ払いとも言われる支払い方法です。
購入した金額にかかわらず毎月一定の金額を支払う方式で、
毎月の支払い負担額は減りますが支払い期間が長くなり
利息も多く支払うことになるので注意が必要です。

これで支払い地獄に陥ることもあります。

リボ払い利息のこわい話はこちら

●カード払いを滞納するとどうなる?
滞納するとカード会社から督促状が来て
それでも払わないと勤め先や実家などに
督促電話がかかってきます。

それでも払わないとカード会社から
告訴されて裁判所から支払い命令がきます。

スポンサードリンク

悪徳商法についての注意点や解決方法

一人暮らしをしていると
悪徳商法の手口に引っかかり
思わぬ多額の請求をされたりするトラブルに
巻き込まれることがあります。

そんなトラブルに合わないように
悪徳商法の手口や契約してしまった時の
解決方法を知っておきましょう。

《悪徳商法の種類と手口》
●マルチ商法
健康食品、浄水器、化粧品などの
商品を高額で大量に売りつけ
これを自分で別の買い手を見つけて売れば
売り上げの何割かが手元に入り儲かるなどと
騙され結局売れずに損をするという手口。

よくある商法で儲かると言われ始めますが
儲かる人はほぼいません。
手を出さないのが賢明です。

●アポイントメントセールス
教材、アクセサリー、旅行券、ゴルフ会員権などが
当たった、当選した、無料でサービスしますなどと
嘘をついて営業所などに呼び出し無理やり
商品を売りつける手口。

●キャッチセールス
アクセサリー、化粧品、美容グッズ、絵画などを
駅や繁華街の路上などでプレゼントつきの
アンケートなどと言って近づき、
喫茶店や営業所に誘い込み
脅迫的に商品を売りつける手口。

●ネガティブオプション
雑誌、ビデオソフト、新聞など
注文していない商品を送りつけ
受け取った人が代金を支払わないといけないと
勘違いすることを狙った手口。
代引きなどで送りつけてくることもある。

 

《悪徳商法で契約してしまった時の解決方法》
万一契約してしまった、被害にあったなどの
トラブルにあった時に解決方法です。

●クーリングオフを利用する
クーリングオフとは
訪問販売などで契約してしまった場合
一定の期間内であれば一方的に契約を
解除できる制度のことです。

適用されるのは
・営業所以外の場所で契約した
・商品を開封したり使っていない
・金額は3,000円以上
・契約書面の交付日を含めて8日以内

以上に条件を満たしている必要があります。

注意として通信販売は
熟考する時間があるから適用外になります。

●勝手に商品が送られてきた時の対処法
契約もしていないのに勝手に商品が送られてきたら
代金を支払う必要も商品を返送する必要もないです。

送付された日から数えて14日を
(業者に引き取りを求めた場合は7日)
経過する日までに申し込みを承諾せず
かつ業者が引き取らない時は自由に処分できます。

●相談窓口を利用する
被害にあったり困ったら
迷わず相談窓口に相談しましょう。
相談窓口はいろいろあります。

・消費生活全般については
 消費生活センター、国民生活センターに相談。
 各地に設けられています。

・通信販売全般について
 日本通信販売協会の通販110番に相談。

・クレジットカードや消費者ローンに困ったら
 クレジットカードの返済についての相談は
 日本クレジットカウンセリング協会へ相談。
 または、弁護士事務所や司法書士事務所へ相談。

 

まとめ

一人暮らしでのお金に関する
不安やトラブルの時の注意点や解決方法を
紹介しました。

お金に関することはトラブルにあうと
精神的にもきついものがありますので
もしあった時でも解決方法など知っている
だけでも安心できます。

困った時も一人で悩まないで
相談窓口などに相談しましょう。

まずはトラブルに合わないように
不用意に誘いにのったりしないようにしたいですね。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。