登山で凍っている雪道を歩く時に便利なスパイクを紹介します!

   2017/05/03

登山の時に凍っている雪道を歩くのに便利なスパイクがあります。
その名は「モンベル リバーシブルグリッパー」
雪道用、木道用が両面に分かれていて2つのシチュエーションに対応してます。
使ってみると大変良かったので紹介したいと思います。

スポンサードリンク
 

登山で凍っている雪道を歩く時に便利なスパイク、モンベルの「リバーシブルグリッパー」

たまには趣味の登山のことでも書こうと思います。
便利な山道具があるのでちょっと紹介を。

冬の低山登山で雪が積もっていたりいなかったりの状況ってよくありますよね。
軽アイゼンつけるまでもないけど凍っていて怖い時。
以前、筑波山行った時にそんなシチュエーションがありました。
そこで持って行ったのがモンベルの「リバーシブルグリッパー」
という雪道用、木道用が両面に分かれた装着型のスパイクです。
【価格】¥2,096+税
【総重量】150g(ペア)
【カラー】ブラック(BK)
【サイズ】フリーサイズ

実はこれを買った理由が以前、尾瀬の至仏山に行った時に、
木道が濡れていて滑ってこけたことがあるんですよ。
それで木道恐怖症になってなんか滑り止めの道具ないかと探したら
モンベルから発売している「リバーシブルグリッパー」を見つけたんです。
しかも雪道用の面、木道用の面がありなんかお得だなと思い買いました。

まだ木道用では試していないんですが、筑波山に行った時に雪道面を試すことができました。
このような状況のところを歩いたんですがこの画像の道ツルツルでした(汗)

「リバーシブルグリッパー」を装着して歩いたんですが、
スパイクのピンをしっかり効かせて歩けば全然問題なかったです。
何も装着してない人たくさん転んでました。
やはり何かしらの装備はしっかりしてこないと危ないですね。

スポンサードリンク

「リバーシブルグリッパー」は雪道以外でもぬかるみの滑りそうなところも
滑りづらく結構安心して歩けます。
特に下りでは強い味方になってくれると思います。
結構軽いのでザックに常に忍ばせておくのもアリだと思いますね。

しかし自分には2つほど難点が。
一つ目は装着する際に本体がゴム素材なので爪先にひっかけてから
かかとまで引っ張ってかかとに引っ掛けるのですが、
なかなか力がいるのでちょっとしんどいです。
二つ目は洗いづらい。
特に木道用面のマジックテープになっているところに泥などが埋まるので
洗ってもなかなか泥が落ちないのがしんどかったです。

こうゆう難点もありますが、かなりいい道具だと思うので使ってみては!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンベル リバーシブルグリッパー#1129608【CP】
価格:2263円(税込、送料別) (2017/2/25時点)

まとめ

登山の時に凍っている雪道を歩くのに便利なスパイクがあった。
その名は「モンベル リバーシブルグリッパー」
雪道、木道用の簡易滑り止め。
特に下りでは威力を発揮してくれます。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

節約・貯蓄 ブログランキングへ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。