風呂(シャワー)に入る時にギプスがぬれない便利グッズ「防水カバー」

   2022/05/15

スポンサードリンク

足を骨折した際にギプスで固定してると
不便なのが風呂(シャワー)に入る時。
ギプスはぬらしてはいけないので
けっこう気を使います。

そんな時にすごい便利なのが
「防水カバー」というグッズ。
水の侵入がないので安心して
お風呂(シャワー)に入れますよ。
そんな便利グッズの紹介です。

スポンサードリンク
 

風呂(シャワー)に入る時にギプスがぬれない「防水カバー」


 
私、足首を骨折してギプスしてるんですが
不便なのがお風呂(シャワー)に入る時なんです。

ギプスはぬらしてはいけないので
ギプスすることになった最初の風呂(シャワー)の時に
家にあった大きめのビニール袋を使って
ガムテープで止めて風呂(シャワー)に入りました。

結果は浸水という事態をまねき
いきなりギプスをぬらす羽目に。
止め方が甘かったのかなあ。

まあそれにしても毎回テープで
止めるのも面倒なので、
ネットで探したらドンピシャな商品が
あったので早速購入しました。

ということで今回紹介するグッズがこれ。

TAKUMED 繰り返し使える
「防水カバー(ギプス・包帯)大人の足用」

 

 
【価格】2,000円前後
【概要】
 足にギプスや包帯を装着したままでも
 シャワーを浴びることができる防水カバー。
 伸縮性の高いシリコン製の間口が
 包帯やギブスを水濡れからガードします。

【サイズ】
 全長55cm、幅41cm、
 リング外径は20cmで内径は17cm、
 開口部は5cmで16cmまで広げることが可能。

【重量】210g。

防水カバーを使用した感想

これまで使ってみた感想です。

↓まずは防水カバーを装着した感じですが
けっこう大きいのでギプスしていても
余裕がかなりあります。
あげようと思えば膝上までは上がります。
ちなみに身長は166cmです。

 
↓開口部はこんな感じ
ここはシリコンなので伸びます。

 

この防水カバーいまのところ
一回も水の侵入はないので
シャワー浴びるにはすごい安心できるグッズです。
開口部のシリコンがちゃんと肌に密着するからでしょう。

あと全体のビニールの素材も簡単には
破れそうにないのでギプス装着中は
安心して使えそうです。
 
 
注意点が一つ。
開口部の穴は密着させるためかけっこう小さく
シリコンもけっこう弾力あるので
両手でしっかり穴を広げながら通さないと
ならないという点です。

片手で入れようとしたら
シリコンの弾力に負けて患部を
ひねってかなり痛い思いしたことがあります。

患部に注意して装着するという点では
誰かいたら装着してもらった方がいいかもです。

まとめ

今回は風呂(シャワー)に入る時に
ギプスをぬらさない便利グッズ
「防水カバー」の紹介でした。

こんな便利なグッズがあるなんて
本当助かりました。

毎回、試行錯誤するのも面倒ですしね。
いまのところ水の侵入は一回もないので
安心して使えてます。

おすすめなグッズですよ。

▼関連記事▼
足首を骨折してしまった!全治までの記録(一週間経過)

足首を骨折してしまった!全治までの記録(2週間経過)

足首を骨折してしまった!全治までの記録(3週間経過)

応援していただけるとありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。