この冬はワークマンのウォームジャケットがおすすめ!驚きのコスパ!

   2020/07/09

スポンサードリンク

2019年度日経トレンディのヒット予測の
第1位にも選ばれている注目のワークマン。

そんな注目のワークマンの商品の中で
この冬使えそうなウォームジャケットを早速購入。

なかなかの実力を持ったワークマンのウォームジャケット
驚きのコスパでおすすめです!

スポンサードリンク

この冬はワークマンのウォームジャケットがおすすめ!驚きのコスパ!

ワークマンがこの冬ワークマンプラスという
アウトドア、スポーツ系を扱う専門店舗を展開し始め
そのワークマンプラスが2019年度日経トレンディの
ヒット予測の第1位に選ばれました。

自分は去年から目をつけていましたが
今年1位になるなどメディアに取り上げられたからか
今や売れに売れているようでちょっと驚いています。
ネットなどでは売り切れも多く出ていますよ。

ワークマンの公式オンラインストアや楽天市場店なんかは
注文が殺到しすぎて11/17〜11/19まで一時閉鎖して体制を整えるほど。
大盛況しているようですね。

ちなみにワークマンプラスは
ワークマンの3つのアウトドア、スポーツ系ブランドを
扱う店舗ですがそのブランド名が

●FieldCore(フィールドコア)
●Find-Out(ファインドアウト)
●AEGIS(イージス)

となります。

ということで今回
今まで使っていた冬用のジャケットがくたびれたので
ワークマンに行って買ってきたのが
Find-Out(ファインドアウト)のウォームジャケットなんです。

そしてこのジャケットがなかなかの実力で驚きのコスパ!
そんなウォームジャケットの紹介です。

Find-Out(ファインドアウト)のストームシールドウォーム撥水ジャケット

今回ワークマンで自分が買ったのが
ワークマンのスポーツ系ブランドであるFind-Out(ファインドアウト)の
「ストームシールドウォーム撥水ジャケット」というものです。

今年の2018年10月から新発売されている
ストレッチ性の高い中綿ジャケットです。

「ストームシールドウォーム撥水ジャケット」

ワークマンオンラインストアはこちら↓ 



価格:2,900円(税込)

サイズ:M、L、LL、3L
(ライムグリーン、ホワイト、レッド、ブルーはL、LLのみ)

カラー:ライムグリーン、ホワイト、レッド、ブルー
ブラック、ネイビー

素材:表地ポリエステル100%、表地の裏面ポリウレタンコーティング
中綿ポリエステル100%、裏地ポリエステル100%

機能:撥水、ストレッチ、軽量、防風、反射材付き、フードつき
ポケット2か所

ストームシールドウォーム撥水ジャケットのレビュー。その実力は?

「ストームシールドウォーム撥水ジャケット」の実際使用した
着心地などレビューを紹介したいと思います。

【着心地は?】
着た時の重量感は重くもなく軽くもなくと気にならない感じです。
生地はゴワゴワ感もそんなになく柔らかめで
さらにストレッチもあるので動きやすいです。

【保温性は?】
着た時に包み込まれるような感じであたたかさを感じますね。
試着した時にこれなら真冬でも大丈夫かもと思わされましたので
この真冬を乗り切れるか楽しみです。

保温性だけ比べたら以前使用していた
ユニクロのウルトラライトダウンより上じゃないかな。
自分はそれだけ保温性感じました。

【防風性は?】
裏地に防風シート加工が施されていて
実際に着ても風は防風されてました。

そのため保温性もUPしてるようですね。

【デザイン性やシルエットは?】
↓実際に着た画像がこちらです。

着ているのはサイズL、カラーがネイビーです。

自分の身長は166cm、体重63kgでMでもいけそうでしたが
自分肩幅がありまして肩に合わせてLにしました。

ジャケットのシルエットはちょっと細身系なので
ジャケットのデザイン性やシルエットは悪くないと思います。

ワークマンのジャケットは
以前よりデザイン性高くなってきましたが
まだまだイマイチな感じのもあります。

しかし、このジャケットはデザイン性というかシルエット的に
もいい感じなのでこういうの増えたらなと思うのですが。
どんどんいいもの出てきているのでこれから期待です。

↓一つデザインで気になるのは
ポケットのファスナー部分の白の文字ですね。
これない方がいいなぁと自分は思うんですけどどうですかね。

【撥水性は?】
撥水処理が表の生地に施されていますが
まだ雨の日に試せてないのでひとまず
水を垂らして撥水性試しました。

水を垂らしてすぐの状態と一時間後の状態を試しました。
少々の雨なら大丈夫そうです。

↓水を垂らしてすぐの状態。
水はじいてますね。

↓一時間後の状態。
特に染み込むとかはみられませんでした。

【ほか気になった点は?】
●安い割にはポケットの止水ファスナーや正面ファスナーのチンガードが
あるのはなかなか細かい作りをしてるなと感心しました。

↓ポケットの止水ファスナー

↓チンガード

●フードにも中綿がけっこう入っているのか首回りが
フードのゴワゴワ感で少し気になる。
かぶるとあったかいがかぶらないと邪魔感あり。

しかしそれにより首回りも少し保温されている感じも
するので仕方がないか。

●保温性がけっこうあるのでちょっと暖かめな日に着ると
暑くなりすぎるので春、秋は向かないと思った。
気温的には15度以下で着るといいかなと。

●ポケットの位置がちょっと上目にあるので
手を入れると手首に引っかかり少し気になる。
デザイン性を考えるとちょうどいい位置なのかも知れないが。

●登山には向かない
登山やハイキングなどでの使用は向かないと思います。
歩くと暑くなりすぎる点やコンパクトにできない点で。
街で着る防寒着で使うのがベストでしょう。

まとめ

ワークマンのスポーツ系ブランドFind-Out(ファインドアウト)の
「ストームシールドウォーム撥水ジャケット」の紹介でした。

保温性、機能性、デザイン性を備え2,900円(税込)という
この安さは非常におすすめのジャケットだと思います。
さすがワークマン、驚きのコスパです。

限定生産品のようなのでいつなくなるかわかりません。
急げワークマンへ!

商品のレビューは個人的な見解なので参考になれば幸いです。
 


応援していただけるとありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。