スキー板をクロネコヤマトの宅急便で送る時に安くする方法

   2017/05/07

まだまだスキーシーズン真っ盛り。
春休みに日帰りや泊まりでスキーに行く方もいるんでは。
スキー板を宅配便で送る場合もあるかもしれません。
その時にクロネコヤマトの宅急便で安く送る方法があります。
意外と知らないかもしれない方法紹介します。

スポンサードリンク
 

スキー板をクロネコヤマトの宅急便で送る時に安くする方法があった

自分は車がないのでスキーに行く時はもっぱら電車で行きます。
今はスキーもなかなか行けませんが(涙)
電車で行く時はだいたい二人で行くことが多くスキー板はそれぞれ宅配便で送っていました。
なので関東から長野、新潟にスキー板を送るとクロネコヤマトの宅急便を利用して
往復で1人2,800円くらいかかりました。
なかなかの出費ですね。

そこで安くする方法はないかと調べると
クロネコヤマトの宅急便では2つありました。
それは、往復宅急便と2組スキー板がある場合は1つのケースに2組入れて送ることです。
ではそれぞれいくら安くなるか見てみましょう。

《往復宅急便》
往復宅急便は送り状を送る時にだけ書けば、帰りはその送り状でまた送れます。
帰りも送り状書かなくて良いので手間が省けます。
往復宅急便は1個につき100円引きしてくれます。
なので往復で2,800円かかれば2,700円で送ることができます。
100円節約できますね。

《2組スキー板がある場合は1つのケースに2組入れて送る》
これは2組の板を送るという限られた場合になるのですが、
別々で送るよりかなり安くなります。
通常は関東から長野、新潟へ1組スキー板を送ると料金は往復約2,800円かかります。
なので2組別々に送ると往復5,600円かかるわけです。

それを2組のスキー板を2本入るスキーケースに入れて1個口にします。
そうすると料金は2倍ではなくサイズが少し大きくなるということになり、
料金は往復で3,240円になります。
1組あたりだと往復で1,680円ですよ。
めちゃくちゃ安くなりますよね。
これ最近まで知らず、早く知っていれば〜と嘆きましたね(笑)

あと往復宅急便を併用させるとさらに100円安くなりますよ。

2組送る場合限定なんで当てはまる人あまりいないかもしれませんが、
もしいらっしゃったらぜひこれで送ってください。

ちなみに2本入るスキーケースを買う必要があったりしますが、
すぐ元取れますよ。

スポンサードリンク

また、これスキー板で紹介してますがスノーボードも当てはまりますよ。

まだまだスキーシーズンは終わらないですよ。
少しでも安く行きましょう。
あ〜滑りたい〜

まとめ

スキー板をクロネコヤマトの宅急便で送る時に安くする方法があった。
往復宅急便で送る方法と
2組スキー板がある場合は1つのケースに2組入れて送る方法。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

節約・貯蓄 ブログランキングへ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

©2017 借金500万が理由で彼女に結婚を保留にされちゃった僕の軌跡