ブリタのfill&goの交換用フィルター購入時に注意すべきことは?

   2017/06/22

ブリタの携帯ボトルfill&goの
交換用のフィルターを購入する時には
注意すべきことがあった!

ネットで安く売ってるものには注意です。
それはもしかしたら並行輸入品専用かも。
並行輸入品専用はサイズが違うんですよ。

危うく安かったので買いそうになりました。
そんなフィルターの注意点を紹介します。

スポンサードリンク
 

ブリタのfill&goの交換フィルター購入時に注意すべきことは?

ブリタの携帯ボトルfill&goを
使い始めてから2ヶ月が経ちそろそろ
交換用のフィルターを購入しようと
安く売っているところを探していました。

すると安くて1個600円台のものが
400円台で売っているのを発見。

おお安い!
と思い購入しかけた時に並行輸入品の文字が。
並行輸入品?と思いよくよく見ると
自分が使っているものと違っていることが
わかり購入回避しました。
危ないとこだった(汗)

実はブリタの携帯ボトルfill&goは
日本正規品並行輸入品があるんです。

日本正規品のfill&goはこちら

 
同じfill&goという名前なんですよね。
同じ名前なだけに交換用フィルターを
買う時には間違いやすいんですよ。

しかし交換用フィルターの名前は
微妙に違います。

日本正規品のフィルターは
「マイクロディスク」

並行輸入品のフィルターは
「フィルターディスク」
といいます。

そして決定的に違うのは
フィルターのサイズなんです!

日本正規品のフィルターサイズは
幅55mm
並行輸入品のフィルターサイズは
幅45mm

これは間違えて買うとどうにもなりませんね。
買い間違う人も多いようです。

日本正規品は幅55mmなんで気をつけましょう。

自分は並行輸入品というものがあるなんて
知らなかったので危なく買うとこでした。

注意して買うことをオススメします。
こちらが日本正規品です。

スポンサードリンク

ブリタのfill&goを2ヶ月使用した追加レビュー

fill&goのレビュー記事を以前書いたんですが
2ヶ月使ってみての新たな使用感を紹介します。

●フタが硬いのは相変わらずです。
ブリタの公式ホームページでは使えば硬さが
適度になると書いてありますが適度とも思えずです。

あと気づいたんですがボトルごと
冷蔵庫で冷やして最初にフタを開けるとき
異常に硬くなり開きません。
自分だけでしょうか(汗)

●フィルターをセットしたあと飲み口が
ついているフタを回して締めると思いますが
これ以外と平行に締めるの難しいです。

たまに平行になってなくても締まった感じに
なるので大丈夫かと思ったらやはり
締まってなくカバンで水漏れしてたことがあり
大惨事になってたことがあります。
注意してくださいね。

●相変わらず飲むときに飲み口を引き上げたら
水があふれてくることが良くあります。
解明できないので最近は飲むときに
歯で飲み口を引き上げてます。
あふれてきても口に入るように。

まとめ

ブリタのfill&goの交換用フィルター購入時に
注意すべきことは?ということで紹介しました。

日本正規品と並行輸入品の違いが
ありますので注意してくださいね。
サイズが全然違いますよ。

自分は相変わらずフタの硬さと
水があふれてくるのが気になりますね。
硬さが適度になる日は来るのか。

しかし飲み物代は節約できて助かってますよ。
夏はブリタで乗り切ろうと思います。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。