お金を貯めるコツはこれ!家計管理法を知れば誰でもお金は貯められる!

 

誰でも貯めたいですよねお金を。

お金を貯めるにはコツがあるんです。

みんな以外と出来ていない家計管理。
家計管理を見直して
お金が貯まる家計管理法を知れば
誰でもお金は貯められる!

そんな家計管理法を紹介します!

スポンサードリンク
 

お金を貯めるコツはこれ!家計管理法を知れば誰でもお金は貯められる!

現在、借金返済中ですが
借金返済後はお金を貯めていかなくてはならないので
お金を貯める方法には何があるか調べました。

調べてる時にFP(ファイナンシャルプランナー)の横山さんの
貯蓄するための家計管理の記事を読んで
借金完済後に活かせそうででいいなと思ったので
紹介したいと思います。

FPの横山さんによると
お金を貯めるには毎月の支出を整理して
月々貯蓄に回せるお金を決めて
お金を貯めようと言っています。

簡単に言うとお金を貯めるには

月々の貯蓄額をまず決める!
その残りのお金で生活する!

ということです。

しかしそれには
まずどれくらい貯蓄に回せるのか
それを導き出すためには
しっかりした家計管理も必要になります。

そしてその家計管理法を知って実践すれば
誰でもお金は貯められるということになります。

この考えは
今、借金返済してますが
それで実践している家計管理と通じるものがあって
妙に納得しましたね。

ということで
そんなお金を貯めるコツを紹介していきたいと思います。

お金を貯めるコツその1〜
毎月の支出を整理して貯蓄できるお金を知る

まずはお金を貯めるための家計管理の第一歩として
節約額を決めるのではなく、
毎月いくらなら手元に残せそうかの
見通しを立てることから始めることです。

そうすれば
余った金額=貯蓄という
不規則な貯蓄サイクルから脱却でき、
貯蓄に回すお金以外でやりくりできるようになります。

この考え方は
毎月決まった金額を定期預金として
銀行に預けるのと同じです。

その時に注意するのは
無理のない金額を
確実に積み立てていくことです。

《毎月の支出を整理する》
では手元に残せるお金はいくらなのか?

それがわかるためには

現在の家計を書き出して
収入と収支はどうなっているのか把握が必要です。

2〜3カ月分の書き出してその平均値を把握してください。
交際費や被服費はシーズンによってばらつきがあるので
なるべく偏りがない平均値を出しましょう。

【収入(給料など)】-【支出】=貯蓄に回せるお金

・支出は住居費、食費、水道光熱費、通信費、
 生命保険料、自動車関連費、日用品代、医療費、
 教育費、交通費、被服費、交際費、娯楽費、
 小遣い、お酒タバコ代、その他
 を算出しましょう。

このように収入と支出を整理して
ざっくり現在の自分の収入と支出を把握しましょう。
そこから貯蓄に回せるお金が少し見えてきます。

スポンサードリンク

お金を貯めるコツその2〜
理想の月額支出割合を把握して確実にお金を貯める

ざっくり現在の自分の収入と支出を把握したら
それが理想の支出額なのかを知ることが次のステップです。

現在の自分の収入と支出を把握しても
そのバランスが人によって違ってきますよね。
中には収入より支出が上回る人もいるでしょう。
そんな人は貯蓄に回せるお金もないかもしれません。

ではどうすればいいのでしょう?

それは理想の支出額に近づけることで
貯蓄に回せるお金を導くのです。

では理想の支出額とはいくらでしょう?

費目ごとに見てみましょう。
(条件は手取り年収420万円、
40代夫婦、中学生1人、小学生1人)

【確実にお金が貯まる理想の月額支出割合】

理想の支出割合はこのような感じです。

そしてこの支出割合を見ると
貯蓄額の理想の割合は

月収の約16%

となります。

これを一つの目安として貯蓄額を決めましょう。
家計管理をしっかりすれば
毎月確実に貯蓄していけるのではないでしょうか。

 

ここで注意してほしいのが
金額が多い=不適切という判断です。

例えば食費をカットするのと被服費をカットするのとでは
生活に影響する重みが変わってくるので気を付けましょう。

またこの支出割合は一つの目安なので
この通りにしないといけないわけではないです。
費目ごとに予算を設けるという
習慣をつけることが大切なんです。

まとめ

お金を貯めるコツどうでしたか?
この家計管理法を実践すれば
誰でもお金は貯められると思います。

要はやるかやらないか。

自分は借金返済のために同じような家計管理を
していて返済しています。
今まで家計管理なんてやったことなかったですが
やると無駄遣いも見えてきて返済に回せました。

貯蓄も同じだと思うので是非やってみてほしいですね。

借金を完済したら貯蓄でも実践しようと思います。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。