入学、卒業祝いを贈りたい。お祝いの相場やマナーとは?

 

親戚や身内に入学、卒業祝いを贈りたいけど
何を贈ればいいのかわからない、
渡す時期がわからないなど
困ったことありませんか。

そんな時のお祝いの相場やマナーなどについて
紹介したいと思います。

スポンサードリンク
 

入学、卒業祝いを贈りたい。お祝いの相場とマナーとは?


 
親戚や身内が入学、卒業するなどで
お祝いを送る時ってあると思いますが、
そんなにしょっちゅうあるわけではないので

お祝いって
お金なら相場いくらだっけ?
品物なら何がいいの?
マナーってどう?

などいろいろ悩むことがあると思いますので
今回はそんな入学、卒業のお祝いの
相場やマナーなど
以下のようなことを紹介しますね。

●入学、卒業祝いの基本とは?
●お祝いを贈る時期は?
●お祝いの相場(お金、品物)は?
●よくある質問

入学、卒業祝いの基本とは?

入学祝いはあくまで身内のお祝いというのが基本です。
贈る相手は、甥・姪までの範囲が一般的
子供の節目となる祝いごとなので
親や親戚でお祝いしましょう。

入学祝いの基本は子供の年齢に合わせて
送りものを贈るというのが大切です。

例えば小学校の入学祝いは
ランドセルや文房具などを贈り、
中学生以上は好みが出てくるので
現金を贈るとかがあります。

入学祝いと同じくらい子供にとって
人生の節目になるのが卒業ですね。
高校、大学の卒業は特に社会に出る場合もあり
大きな節目になるので家族で祝いましょう。

お祝いを贈る時期は?

《入学祝いを贈る時期は?》
入学祝いの場合は、
入学が決まった後、3月中旬〜入学式前頃までに
贈るのが一般的です。

《卒業祝いを贈る時期は?》
卒業祝いの場合は、
卒業式の後に渡すのが一般的です。

スポンサードリンク

お祝いの相場(お金、品物)は?

《お祝い金の相場》
入学祝いを現金で贈る場合の相場です。
どれだけ親しいかなどの感じもありますので
あくまで目安の相場になります。

・小学生:5千円〜1万円
・中学生:1万円
・高校生:1万円〜2万円
・大学生:1万円〜3万円

ちなみに祝儀袋は
赤白の蝶結びの水引を使います。
表書きは
上段に「御祝」「御入学(園)御祝」などと書きます。
親しい場合は「ご入学おめでとう」などと書いても良いです。
下段は贈る人の名前を書きましょう。

《お祝いの品物の相場》
お祝いを品物で贈る場合は、
学校で必要なものや子供の成長に
見合った物が良いでしょう。

●入園祝いの品物
タオル、運動靴、レインコート
色鉛筆、クレヨンなど

●入学祝いの品物(小〜高校)
文房具、図書カード、ランドセル、
机、電子辞書、自転車など

●入学祝いの品物(大学生)
時計、スーツ、高級筆記具など

●卒業祝いの品物(大学生)
スーツ、ネクタイ、名刺、財布、時計など

よくある質問

こういう時はどうすれば?
よくある質問を紹介します。

【1.質問】卒業と入学祝い、卒業祝いと就職祝いは
一緒にしていいの?

【1.答え】これは特に問題はないです。
卒業と入学祝いを一緒にする場合は
入学祝いを優先に、
卒業祝いと就職祝いの場合は
就職祝いを優先にします。

卒業しても就職が決まらない場合は
卒業祝いを渡します。

【2.質問】入学祝いなどのお返しはするの?
【2.答え】原則は不要です。
しかし、お礼の電話したりや手紙出したり
お礼はした方が良いですね。

まとめ

入学、卒業祝いを贈るときの
お祝いの相場やマナーの紹介でした。

いざ贈る時どうするんだっけ?となりがちなので、
そんな時に今回の記事を参考にしてもらえれば幸いです。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。