折りたたみ傘を常にバッグにINしたいなら「ポケフラット」がいい!

 

ゲリラ豪雨が多い昨今、
折りたたみ傘をバッグに
常にINしときたくないですか?

そんな時には
Waterfrontの薄くて軽い折りたたみ傘
「ポケフラット」がすごくオススメ!

これを持って入れば
急な雨も怖くない。

スポンサードリンク
 

常にバッグにINできるWaterfrontの薄く軽量の折りたたみ傘

最近の天候って
ころころ変わる印象ありませんか?

例えば、
朝みた天気予報で
夜まで晴れって言ってたけど
昼頃には天気予報変わっていて
会社から帰る夜に雨に降られたなんてこと。

自分はなんかこんなことが良くあって
雨降るなら折りたたみ傘を持って行くのですが
降らないなら持って行きたくないんですよね。

なぜ持って行きたくないかというと
荷物になるし、バッグ重くなるし
常には入れときたくないんですよね。

しかしそんなことが続くと
常に持っておきたいってなって
そこで軽くて小さい折りたたみ傘ないか
探しました。

ちょうど探してる時に
テレビで紹介していたのが
Waterfront(ウォーターフロント)という
国内シェアNo1ブランドの傘なんです。

紹介されていた傘の中で
「ポケフラット」という
薄い軽いを実現した折りたたみ傘が
あったんですが

それがすごく良さげだったので
早速購入しました。

買ってみた結果
すごい良かったので紹介したいなと思います。

Waterfrontの折りたたみ傘「ポケフラット」

自分が購入したのは
Waterfrontの折りたたみ傘
「ポケフラット」というシリーズです。

「ポケフラット」
大きさ(50cm〜55cm)、柄も豊富
値段も1,000円前後で買えるなど
種類がたくさん出ていますね。

自分はビッグカメラに売っていたので
そこで購入しましたが
それが以下のものになります。
  

 
Waterfrontのポケフラット55cm
ビッグカメラグループ限定
「TAG label by amadana」モデル

  

  
【価格】1,180+税
 
【サイズ】55cm(傘開いた大きさ)
     縦24cm×横6.5cm×薄さ2.5cm

 
【特徴】
・特許技術を生かした薄さ2.5cmのコンパクトさ
・バッグに入れてもストレスを感じないコンパクトさ
・UV加工、紫外線を90%以上カット
・晴雨兼用

スポンサードリンク

「ポケフラット」の使用した感想は?

実際使ってみての感想です。

薄くコンパクトなので
本当にバッグに入れても苦にならないです。
これならずっとINできますね。
買ってからバッグに入れっぱなしです。

傘を開いた大きさも55cmあるので
急な雨の対応なら十分ではないでしょうか。

気になる点と言えば
薄型の形状上仕方ないですが
持ち手のところが長四角なので
丸型と違い少し持ちづらいですかね。

ちなみに自分が今まで使用していた
折りたたみの傘と比較してみました。
傘の厚みがまず全然違います。
あと重さも半分以下になりました。↓

まとめ

常にバッグに傘をINしたくて
探した結果いい傘がありました。

Waterfrontの折りたたみ傘
「ポケフラット」

常にバッグに入れっぱなしです。

同じ思いしてる方
急な雨対策にオススメの傘ですよ。
 
 
しかしこんな傘あったなんて
知らなかったな〜
傘っていろんな種類がたくさんある
のも知って驚いてます。

↓ちなみにこんな傘も気になってます。
同じくWaterfrontの折りたたみ傘
モバイルフラット。
なんとスマホと同じくらいの大きさ!
 

 
 

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。