二日酔いにならないための予防方法とは?飲む前に気をつけよう!

   2017/05/07

花見や歓迎会など
お酒を飲む機会が増える
季節になりましたね。

ついつい飲みすぎたりまたは飲まされたりと
かなり酔っ払ってしまうこともあると思います。

そんな時に辛いのが二日酔い。
頭痛や吐き気などに悩まされますよね。
飲みすぎた次の日が休みならまだ良いですが
休みでなかったら最悪です。

二日酔いはできればなりたくないですよね。
できるだけならないための二日酔い予防方法が
いくつかありますので紹介します。

スポンサードリンク
 

二日酔いとは

二日酔いの前にそもそも酔うとはなんでしょうか。

お酒を飲むと体内にアルコールが吸収され
吸収されたアルコールは血液に運ばれて脳にも行きます。
脳に行ったアルコールにより中枢神経が麻痺し
その麻痺する状態が酔うということになります。

ふらついたり、記憶がなくなったりするのは
脳が麻痺し脳の動きが鈍くなってるということになりますね。

では二日酔いとはなんでしょうか。

お酒を飲み体内に吸収されたアルコールは
肝臓で分解されています。
そして分解される時に有害物質である
アセドアルデヒドができます。

できたアセドアルデヒドが分解されて
体内に残らなければいいのですが
お酒を飲みすぎて大量にアセドアルデヒドが
できてしまいますと分解しきれなくなります。

その残ったアセドアルデヒドが原因で
頭痛や吐き気などを引き起こします。
これがいわゆる二日酔いです。

二日酔いの症状としては頭痛、吐き気の他に
嘔吐、喉の渇き、体のだるさなどがあります。
 


二日酔いの予防方法

できるだけ二日酔いに
ならないための予防方法です。

  • お酒を飲む前にウコンやタウリンが含まれる
    ドリンクや牛乳を飲む。

      ウコンやタウリンが含まれるドリンクや
    牛乳は肝機能を高めアルコールの代謝機能を
    高めるといわれていますね。

      確かにこれは良く言われていて
    試したことがありますが
    二日酔いしにくい感じはしましたね。

  • 飲んだ後や飲んでる時にスポーツドリンクや
      トマトジュース、コーヒー、を飲む。

      スポーツドリンクはアルコールの分解に
    必要な栄養(ミネラルや糖分)が
    含まれています。

      トマトジュースはお酒と一緒に飲むと
    アルコールが体から抜けるスピードが
    早くなります。

      コーヒーは血管を収縮させる働きがある
    カフェインが含まれています。
    この働きが二日酔いの頭痛を軽減します。

      自分はこれらのことは初めて知りましたね。
    特にコーヒーは少し驚きました。
    今度飲む前に試してみたいと思います。

  • 枝豆やジャガイモ、オクラ、長芋、なめこなどを
    一緒に食べると二日酔いを予防してくれます。

      枝豆やジャガイモには二日酔いを防ぐ作用がある
    ビタミンCが多く含まれています。

      オクラや長芋、なめこにはムチンが含まれています。
    これは胃や腸の粘膜を保護します。

  • 空腹でお酒を飲まない。
    空腹でお酒を飲むと胃の粘膜に刺激を与えたり、
    酔いが早く回る原因になります。

      これは良くやってしまいがちですよね。
    自分も飲むときに食べるからいいやと
    空腹で飲み会などに行き
    結果ものすごく酔うということ良くあります。
    これ気をつけたいですね。

まとめ

気をつけてもお酒を飲むと飲みすぎは
しょうがないですよね。

飲む前にちょっと予防をすることで
症状が軽くなるかもしれませんので
試してみてください。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。