睡眠不足を解消するのに昼寝がおすすめ!昼寝の効果とは?

   2018/04/15

日々忙しくて睡眠がとれず
どうしても睡眠不足になりがち人へ
すすめたいのが「昼寝」。

睡眠不足解消になる「昼寝」には
他にも色々な効果があった!

そんな「昼寝」について紹介です。

スポンサードリンク
 

睡眠不足を解消するのに昼寝がおすすめ!昼寝の効果とは?

今や日本人の4割は睡眠不足で最近では
睡眠負債を抱えているなんて言われていますよね。

では睡眠負債って何でしょうか?
睡眠負債はいわゆる睡眠不足の蓄積です。

睡眠不足が蓄積されていくと
なんと脳へじわじわダメージを与えたり
生活習慣病の発生率が上がったりと
心身ともにダメージを与えて命のリスクを高めます。

自分は毎日の睡眠が5〜6時間とあまり
多くの睡眠がとれてなく
睡眠は7〜8時間とるのが良いとされているのを
考えるとやはり睡眠負債を
蓄積しているのではないかと思います。

【「昼寝」のすすめ 】
これじゃヤバイな〜と
睡眠不足を解消してなるべく
負債を抱えない方法はないものかと思って
普段やっているのが「昼寝」なんです。

まあ一番良いのは十分な睡眠をとればいいんですが
なかなかできないので他の方法として「昼寝」をしています。

会社での昼休みに20分くらい毎日「昼寝」していますが
「昼寝」をすると午後以降眠くなることもあまりなく
スッキリ仕事ができている感じがします。

「昼寝」しないと午後どこかで眠くなってきますね。
仕事がデスクワーク中心なので「昼寝」するとしないとでは
午後以降の仕事の効率に差が出るなと実感してます。

ちなみに会社で自分より睡眠不足の先輩に
「昼寝」をすすめたら午後以降眠くなることがあまりなくなって
頭がスッキリして仕事ができると言ってましたので
睡眠不足を自覚してる方は「昼寝」をおすすめしたいですね。

では具体的に「昼寝」にはどんな効果があるのかみてみましょう。

スポンサードリンク

昼寝にはどんな効果があるの?

睡眠不足解消にもなる「昼寝」には
色々な効果があるのでそれをみてみましょう。

●蓄積した睡眠負債の解消に効果的
夜の睡眠時間が確保できずいると睡眠負債が
どんどん増えていって心身にダメージを与えていきます。
そんな時に「昼寝」で少しでも負債を返済すると
ダメージがたまりにくくなります。

「昼寝」は30分以内にしましょう。
寝すぎは睡眠を深くしすぎるのであまり良くないです。

●記憶力のUPに効果的
「昼寝」が脳の疲れをとり記憶力がUPする。

●認知能力、注意力の上昇に効果的
NASAで行われた実験では「昼寝」を
25分した結果、認知能力、注意力ともに
30%〜50%上昇した。

●創造力を高めるのに効果的
「昼寝」が脳の疲れをとり
創造力を高める手助けになる

●ストレスの軽減に効果的
「昼寝」によって脳をクールダウンさせることで
イライラなどをすストレスを軽減する。

睡眠不足解消のためにしないほうが良いこと

睡眠不足を解消するためにやると逆効果になることも
ありますのでそれ紹介します。

●週末の寝溜めは効果なし
睡眠負債は週末にまとめて多く寝たからといって
返済はできなくて寝溜めしても効果はないです。

寝溜めするとかえって睡眠をとるリズムを狂わせるので
やめたほうが良いです。

●午後4時以降に帰りの電車での居眠りはやめよう
午後4時以降の仮眠や居眠りは夜、睡眠がとれなくなるなど
睡眠不足を助長しやすいのでやめよう。

まとめ

以上睡眠不足を解消するために
おすすめしたい「昼寝」についての紹介でした。

睡眠不足(睡眠負債)は蓄積していくと
自分の命を危険にさらすことにつながるんですね。

睡眠不足の人は少しでも蓄積した負債を返済するために
「昼寝」をしてみてはいかがでしょうか。

仕事の効率UPにもつながりますよ〜

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。