iPhoneをスキー場で使用中に突然電源が落ちて動かなくなった原因は?

 

iPhoneをスキー場で使っていたら
電源が突然落ち電源が入らなくなった!

その原因は寒さだったことが判明!

iPhoneの動作適正温度についてや
寒い場所での対処方法などを紹介します。

スポンサードリンク
 

iPhoneをスキー場で使用中に突然電源が落ちて動かなくなった原因は?


 
スキー場で滑りをiPhoneで
撮影していた時でした。

突然画面が真っ暗になり
ウンともスンとも動かなくなりました。

バッテリーが切れたか?
いやいや確かバッテリーは
まだ70%くらいあったはず。

寒さでバッテリーの減りが早くなるってのは
よくあったがこんなすぐになくなることは
なかったので壊れたか?

結局電源は入らなかったので
思いとりあえず帰りに充電してみるかと
滑りを続けました。

そして帰りに充電してみると
電源が入り復活しました。
バッテリーも70%のまま。

復活したのでホッとしましたが
原因がわからなかったので
調べてみたら寒さが原因でした。

iPhoneには適正な動作温度があり
それ以外の環境温度で使用した場合は
電源が落ちることもあるとか。

今までスキー場で使用してましたが
初めてのことなのでびっくりしましたが
原因がわかり安心しました。

今回はそんなことが起こっても
慌てないようにiphoneの
動作適正温度のことや
寒いとこでもできるだけ
落ちないようにするための対処方法などを
紹介していきたいと思います。



iPhoneの動作適正温度とは?

iPhoneのバッテリーにかかわらず
どんなバッテリーでも利用する場合は
動作適正温度が決まっていて

その適正温度外で利用すると
バッテリーが急激に減ったり
電源が突然落ちたりします。

またiPhoneのバッテリーは
リチウムイオン充電池を使用しているのですが
特徴として寒くなると貯まった電気を
引き出すのが鈍くなるというのがあります。
適正温度外だとうまく性能が引き出せないんですよね。

その適正温度とはどれくらいかというのが
iPhoneの場合は
appleのサポートページで見ると
こんな説明をしていますね。

出典:aplleサポート

iPhoneの適正な動作温度は
0度〜35度なんですね。
まさしく真冬のスキー場は適正温度外ですね。
そしてしっかりデバイスの電源が
落ちることがあると書いてありますね。

いままでたまたま落ちなかったということか。

あと保管するときの温度も
-20度〜45度となっていますね。
これも注意が必要ですね。

ちなみに適正温度内での使用で
バッテリーの異常な減りや
電源が落ちるなどの場合は
バッテリーの劣化などの
原因もありえますよ。

スポンサードリンク

寒いとこでも使うための対策とは?

iPhoneを寒いところで使用して
自分みたいに突然電源が落ちて慌てないように
事前に対策をしておくとそのような事態に陥る確率が
減るかと思いますのでその対策を紹介しますね。

《iPhone寒さ対策》
●ボトムスやアウターのポケットに入れて
体温を利用して温めておく。

ポケットに入れる場合でもできるだけ体温が届くような
内ポケットなどに入れる工夫をしておくと良いですね。

カバンなどに入れておくよりも
できるだけアウターのポケットなどに
入れておきましょう。

●iPhoneのケースをできるだけ
本体全部を覆うケースにする。

手帳型や防水ケースなど

●カイロを利用する。
カバンに入れる場合など
カイロを一緒に入れる対策もあります。

その場合は
絶対カイロをiPhoneに直接くっつけないこと!
高温になるとバッテリーがいかれます。
あくまで間接的にカイロを使いましょう。

その他注意点は?

iPhoneは精密機器ですので
寒すぎる、暑すぎる環境は苦手です。
その他注意点を紹介します。

●iPhoneが冷え切っていたら
充電や電源をいれる時には注意!

iPhoneが冷たくなりすぎていたら
充電や電源をいれるのはしばらく
時間をおきましょう。

そのような状態で電源をいれると
バッテリー性能が極端に落ちたり
液晶画面にダメージが行く場合があるので
少し温まったら電源を入れましょう。

●iPhoneを極端な温度状況の
ところに放置しない。

例えば夏の直射日光が当たる車の中に
おきっぱなしにするとか
寒すぎるところにおきっぱなしに
するのはやめましょう。

iPhoneのような精密機器は
温度差の激しい環境が苦手で
ダメージを与える可能性がありますので
気をつけましょう。

まとめ

今回は寒いところでiphoneを使っていたら
電源が突然落ちたのはなぜ?
ということでその原因と対策などを
紹介しました。

突然このようなことが起きても
事前に予備知識を持っておくと
自分みたいに慌てなくて良いですよ。

原因わかってるだけでも少し安心しますしね。
しかしそうならないように
対策もしっかりしておきましょう。

使いたくても使えなくなると
悲しいですからね。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。