ノルン水上スキー場で滑るのに混雑や高速渋滞をできるだけ避ける方法!

   2018/01/15

ノルン水上スキー場で滑る時に
ゲレンデの混雑や高速の渋滞などを
できるだけ避ける方法を紹介します。

それはノルン水上スキー場の
営業時間に秘密があった!

スポンサードリンク
 

ノルン水上スキー場で滑るのに混雑や高速渋滞をできるだけ避ける方法!

スキーやスノーボードに行く時
特に土日祝に行く時に
ゲレンデの混雑、リフトの待ち時間、
レストランの混み具合、高速の渋滞などは
気になるものですよね。

できればゲレンデも高速もスイスイ行きたいものです。

そんな混雑、渋滞をできるだけ避けれる
スキー場はないかと探して見つけたのが
ノルン水上スキー場です。

厳密に言うとノルン水上スキー場の
営業時間をうまく利用して混雑をできるだけ
避けた行動をとるということなんです。

実際自分がノルン水上スキー場に
土日祝に行くときの行動スケジュールを
紹介しながらどう混雑ができるだけ
避けれるか見てみましょう。

混雑をできるだけ避ける行動スケジュールとは?

まずはノルン水上スキー場の
営業時間を見てみましょう。

【営業時間】
●2017年12月20日〜12月25日
8:00〜16:00

●2017年12月22日〜1月4日
8:00〜22:00

●2018年1月5日〜3月21日
(月~木)8:00~22:00
(金)8:00~24:00
(土・祝前日)7:00~24:00
(日・祝日)7:00~22:00

●2018年3月22日〜3月31日
7:30~16:00

 
2017〜2018年シーズンのノルン水上の
営業時間は以上ですが
その中で7:00からオープンする
期間があると思います。

この7:00からのオープンを
利用してできるだけ混雑を避けようと
いう作戦なんです。

では行動スケジュールを
見てみるとこんな感じです。

●6:00〜ノルン水上スキー場到着
この時間に到着するとスキーセンターに
一番近い駐車場に停めることができるし
しかもスキーセンターに近い場所に停めれる
可能性がかなり高いです。

7:00のオープンまで着替えや
持参した朝食をスキーセンター内で
済ませます。

あと関越道もこの時間に着くように
走れば渋滞はないです。

●7:00〜10:00〜ゲレンデ滑走
主にゲレンデ下部のEコース、
Dコースをこの時間に滑ります。
この時間帯はリフトの待ちも
ゲレンデの混雑もほとんどないので
滑りまくります。

ちなみにゲレンデ最上部に行く
第4ペアリフトや第1クワッドリフトは
7:00からは動いてないです。
確か8:00〜9:00くらいから
動き始めたと思います。

この時間帯は日帰りバスツアーなどの
スキー客もまで到着していない時間ですので
混雑を避けた滑走チャンス時間です。

●10:00〜11:00〜昼食
レストランが10:00からオープンするのですが
11:00頃から混雑が始まります。
なので混雑回避のため10:00から
早めの昼食をとってしまいます。

また10:00くらいからは
バスのツアー客や遅めの始動の人が
滑り始める時間帯ですので
ゲレンデ下部のD、Eコースも混雑が
始まるので一旦休憩するには
10:00からがちょうど良いです。

スポンサードリンク

●11:00〜(14:00〜15:00)くらいまで滑走
昼食&休憩を終えたら滑走再開です。
今度は混雑してきたD、Eコースを避け
ゲレンデ上部のA、B、Cコースに向かいます。

自分は主にBコースを滑りますので
第4ペアリフトを利用します。
このリフトは若干遅いですが
待ちがあまりないです。

11:00からゲレンデ上部に行きますが
この時間帯はバスツアー客などが
10:00くらいから始動しゲレンデ下部を
滑り始めたばかりですので
初心者などもまだ来ないため
混雑はそれほどしていません。

なので体力次第ですが
だいたい14:00〜15:00間くらいまで
ゲレンデ上部で滑走します。

この時間くらいになると
初心者らしき人たちもゲレンデ上部に
移動してきて混雑が始まりますので
ちょうど良いので滑走終了です。

●遅くても15:30までにはスキー場を出る
この時間までにスキー場出れば
関越道の渋滞につかまることは
ほとんどないです。

混雑はしだしてますが流れてますので
ストレスはあまり感じないです。

運悪く事故渋滞にはまることもありますが
それは本当に運なのでその時は仕方ないと
諦めましょう。

以上のような行動スケジュールでいろんな
混雑回避をしてます。

これができるのはやはり
7:00オープンというのが肝になりますね。

早くからオープンしてくれるノルンだからこそ
できる行動スケジュールというわけです。

7:00オープンのスキー場はなかなかないですよ。
早く終了しても6時間は滑れますね。



あと、別の方法として
逆に14:00くらいに来て22:00〜24:00まで
やっているナイターを利用する手もありますよ。

遅く来て遅く帰るですね。
自分が帰るときに来る人も結構いますから
遅くまでやっているナイター狙いの人ですね。

まとめ

以上、ノルン水上スキー場で滑るのに
混雑や高速渋滞をできるだけ避ける方法!でした。

早朝からやっているノルンだからできる
行動スケジュールなんですよね。

しかも7:00〜10:00はゲレンデも
荒れておらず滑りやすいし
リフト待ちも少ないし
ゲレンデも混雑していないので
一番オススメの時間帯です。

最近は日帰りバスツアーが増えたのか
ツアー客が着いて滑り始める10:00くらいから
かなり混むようになりましたね。

ノルン水上スキー場で滑走考えてる方
この行動スケジュール一度試してみては。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。