借金をして困った時に知っておいたほうが良い解決方法。債務整理とは。

   2017/07/04

借金で困った時に解決する方法があります。
それは債務整理というものです。
法律で解決する方法で最後の手段というべきものです。
債務整理とは何かを少し書きたいと思います。

借金をして困った時の解決方法。債務整理とは。

前回の記事で、弁護士に借金相談に行った話をしました。
その時に債務整理という解決方法のことを記事で書きましたが、
債務整理とは何かをあまり詳しく書かなかったので少し詳しく書きたいと思います。

債務整理とは》
借金をしてどうしても返せなくなった時に
法的に借金を見直し借金問題を解決する方法。

債務整理には、4種類ほどあります。
それは「任意整理」「個人再生」「自己破産」「過払い金」です。
借金の状況などで解決方法が違ってきますのでこの4つのどれかで解決するようです。

ではそれぞれどんな解決方法なのかちょっと説明したいと思います。

「任意整理とは」
任意整理とは、「任意で借金を整理すること」です。
裁判所などを通さないで債務者と債権者の間で毎月の支払いなどの減額交渉して借金額減らすことです。
現状の返済額が減れば返していける人には最適な整理方法。
任意整理ができる人の条件は3~5年間返済できる安定収入があることが原則。

【メリット】
●裁判所を通さずに交渉をするため周囲に知られずに手続きができる。
●督促の電話がこなくなる。
●官報に載らない。
●職業制限や資格制限がない。
●任意の借入先とだけ手続きできる。

【デメリット】
●5年ほどはブラックリスト(信用情報機関)に載ってしまうのでカード利用等が出来なくなる。
●借金の減額が目的なため借金が全額免除されるわけではない。

「個人再生とは」
個人再生とは、自己破産をしたくない人や住宅ローンがあっても住宅を手放さずに生活を再建できる債務整理の方法。
裁判所に申し立てをし再生計画を作るので弁護士への相談が解決する近道です。

【メリット】
●自宅を手放さないで済む。
●借金が大幅に減額される。
●誰でも手続きが可能。
●原因は問われない。
●財産が処分されない。
●取り立てが止まる。

【デメリット】
●ブラックリスト(信用情報機関)に載る。
●官報に載る。
●費用、手間、時間がかかる。
●すべての借入先が対象になる。

スポンサードリンク

「自己破産とは」
自己破産とは、任意整理、個人再生をしてもまだ返すことができない借金をがある場合に、
裁判所に破産を申し立てをして借金を0にすることができる債務整理の方法。

【メリット】
●借金が免除される。
●誰でも手続きが可能。
●取り立てが止まる。

【デメリット】
●ブラックリスト(信用情報機関)に載る。
●財産が処分される場合がある。
●職業の制限がある。
●借金が免除されないこともある。
●官報に記載される。

「過払い金とは」
過払い金とは、金融業者取り過ぎていた利息のこと。
利息制限法で定められた利息以上のお金を払っていた場合、取り戻すことができます。

【メリット】
●周囲に知られずに手続きができる。
●ブラックリスト(信用情報機関)に載らない。
●払い過ぎた利息が返ってくる。

【デメリット】
●同じ金融業者から借りることが出来なくなる。

以上債務整理の種類などをざっと書きました。
借金をして困った時、法律で色々な解決策があります。
しかしこれらのことは個人ではできないので、
もし困っていたら弁護士や司法書士の方に相談するのが解決の近道だと思います。

しかし実際に債務整理を弁護士や司法書士の方に依頼するとお金がかかります。
弁護士や司法書士の方も商売なんで仕方ないですね。
金がないのにまた金がかかるってなんか切ないですが、
そこは弁護士の方たちも分割で支払いなど融通はきかせてくれるようです。

自分も借金して困らなければ知らなかった債務整理ですが、
良い人生の勉強になりましたよ。

まとめ

債務整理とは?
借金をしてどうしても返せなくなった時に法的に借金を見直し借金問題を解決する方法。
「任意整理」「個人再生」「自己破産」「過払い金」の4種類ある。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

債務・借金 ブログランキングへ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。