photoshopでの画像表示の拡大縮小の方法〜フォトショの基本知識!

   2017/10/15

今回はphotoshopで画像編集において
画像表示の拡大縮小の方法の紹介です。

画像の表示倍率や表示の範囲の
変更がphotoshopではできます。
photoshopでの基本操作なので
覚えましょう。

スポンサードリンク
 

photoshopでの画像表示の拡大縮小の方法〜フォトショの基本知識!

photoshopでの画像編集するときに
拡大縮小や表示画面の変更は
頻繁にする操作です。

ツールでの操作や
ショートカットキーでの操作など
いろいろ操作方法がありますので
覚えるとよいですよ。

あとナビゲーターパネルでも
拡大縮小や表示範囲の変更はできます。
合わせて紹介しますね。

〔ズーム〕ツールによる画像表示の拡大縮小の方法


 
画像の表示の拡大縮小をするには
〔ズーム〕ツールを使います。

《拡大の方法》
ツールパネルから〔ズーム〕ツールを選択します。
画面上をクリックします。
その箇所を中心に画面が拡大表示されます。

注:この時にカーソルがプラスの虫めがね
なってることを確認してください。

《縮小の方法》
ツールパネルから〔ズーム〕ツールを選択します。
その状態で〔option(Alt)〕を押しながら
画面上をクリックします。
その箇所を中心に画面が縮小表示されます。

注:この時にカーソルがマイナスの虫めがね
なってることを確認してください。

ドラッグ操作による画像表示の拡大の方法

〔ズーム〕ツールを選択時に画面上をドラッグすると
ドラッグした範囲を拡大することができます。

注:オプションバーにある〔スクラブズーム〕
チェックが入っている場合は右方向にドラッグすると
拡大され、左方向にドラッグすると縮小されます。
オプションの設定によって操作内容が変わるので
注意しましょう。

スポンサードリンク

画像の表示範囲の変更の方法

画像を拡大表示している場合に
画面上の表示範囲を変更したい場合の方法です。

ツールパネルから〔手のひら〕ツールを選択します。
画面上をドラッグします。
画面がドラッグした方向に移動します。

また、この操作はショートカットキーでもできます。

〔space〕キーを押し続けてる間は
ツールが一時的に〔手のひら〕ツールになります。
〔手のひら〕ツールをドラッグして動かすと
画面が移動します。

これは使用中のツールの種類は関係なく
〔space〕キーを押すと
〔手のひら〕ツールにすることができます。

〔手のひら〕ツールの使用は〔space〕キー
使用した方が便利なのでこの操作を覚えた方が良いですよ。

〔ズーム〕ツール(拡大)のショートカット
〔space〕+〔Command(Ctrl)〕

〔ズーム〕ツール(縮小)のショートカット
〔space〕+〔option(Alt)〕

ナビゲーターパネルでの画像表示操作方法

画像の表示の拡大縮小や範囲の変更は
ナビゲーターパネルでもできます。
パネルでの操作の方法を紹介します。

ナビゲーターパネルを使用すると
パネル内に現在開いている画像が表示されます。
赤枠内が表示されている範囲になります。

赤枠はドラッグすると動かすことができ
表示範囲を変更できます。

パネル下にあるスライダーを左右に
動かすと拡大縮小できます。

ここには現在の表示倍率が表示されます。
直接数値を入力して倍率を指定することもできます。

まとめ

以上、
photoshopでの画像表示の拡大縮小の
紹介しました。

photoshopで画像編集するときは
頻繁にする操作なので覚えましょう。

前回記事→photoshopのファイルの保存方法

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。