ランニングでの効果的な呼吸の仕方、実践したら楽に走れるようになった!

 

ランニングでの効果的な呼吸の仕方
知ってますか?

知らずに苦しくランニングしてたんですが
呼吸の仕方を実践したら
楽に走れるようになりました。

もし知らないでランニングしてたら
ぜひ試してみてください。
呼吸の仕方の紹介します!

スポンサードリンク
 

ランニングでの効果的な呼吸の仕方、実践したら楽に走れるようになった!

今年から借金返済を本格的に初めてから
趣味の登山へ行く回数がめっきり
減ってしまったので
体力が衰えないように
ランニングを始めたんですよね。

さすがに普段走っていないので
筋力、持久力的に苦しいは当然なんですが
走っていてなんか息苦しいんですよね。

苦しいから吸っていたんですが
すぐに酸素不足になるってゆうか。

なんだか気持ちよく走れないので
もしかしたら他に呼吸の仕方あるかもと思い
よくランニングしてる人に聞いてみました。

そしたらなんと
基本は息をしっかり吐くことを意識して
深く呼吸することが大切だとか。

へ〜そうなんだ
息を吸うことばっかり考えてた。

ということで吐くことを考えて
呼吸するようにしたら以前より
呼吸しやすくなり走るのが楽になりました。

真逆の呼吸の仕方をしてましたね。
目からウロコでした。

今回はそんな呼吸の仕方を紹介しますね。
ランニング普段からしてる人には
基本なんだろうと思いますが
知らないで走ってる人いたら
ぜひ試してほしいなと思います。

呼吸の仕方〜自分のリズムで走る

まずは走るときの呼吸は深くしっかり
することが大切
です。

それは呼吸によって体内に酸素を取り込み
血液を通じて体全体に酸素を回すためです。

なので走るときは
深い呼吸ができるリズムが良いです。

しかし深い呼吸ができるリズムは
人それぞれ違ってきます。

「スースー、ハーハー」
「スースー、ハーー」
「スースースー、ハーハーハー」
など吸って吐くのリズムはいろいろありますが
特に決まりはないので自分にあった
呼吸のリズムを探し走りましょう。

スポンサードリンク

呼吸の仕方〜吐くことを意識する

呼吸は吸う吐くを繰り返しますが
ランニングでの呼吸では
吐くことのみを意識することが大切です。

「ハーー」としっかり吐くと
吸うことを意識しなくても
自然と必要な分を吸い込むことができ
深い呼吸ができるようになります。

吸うことばっかり考えてた
自分には真逆のことでしたが
やってみたら呼吸の苦しさが減り
楽に走れるようになりました。

《腹式呼吸でトレーニング》
この吐くことを意識して
深い呼吸ができるようになるための
一つの練習方法として腹式呼吸があります。

まずは仰向けに寝ます
お腹に手を当てて
息を吸いながらお腹が膨らみ
息を吐きながらお腹が凹むように意識します。

そして少しづつ力を入れた
呼吸になるようにしていきます。

慣れてきたらどのような姿勢でも
腹式呼吸ができるようになります。

呼吸の仕方〜鼻で吸って口で吐く

ランニングでの呼吸は
深く呼吸するために吐くことを
意識することが大切ですが

その呼吸は鼻からでしょうか?
口からでしょうか?

基本は鼻で吸って口で吐くです。

口から吸うと喉が乾燥したり
ホコリが入ってきたりするので
それらを回避するために
鼻から吸うが基本です。

腹式呼吸もこの呼吸の仕方で
するようにしましょう。

まとめ

以上、ランニングでの
効果的な呼吸の仕方を紹介でした。

●呼吸は深く
●深く呼吸できるように自分にあった
呼吸のリズムで走る

●呼吸は吐くことを意識する
●呼吸は鼻で吸って口で吐く

ランニング時は
以上のことを意識して
呼吸をしましょう。

特に自分みたいに
吸うことをの方を意識してた人は
ランニングでの呼吸が楽になる可能性大です!

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。