photoshopツールの使い方(ツールの構成)〜フォトショの基本知識!

   2017/10/15

photoshopで
画像加工したいんだけど
よくわからない

初めて使うので
何がどれだかわからない
という方いると思います。

photoshopはプロ用の
画像加工ソフトなので機能が
たくさんあり複雑なんですよね。

しかし基本さえわかれば大丈夫!
今回はphotoshopのツールの使い方を紹介します。

スポンサードリンク
 

photoshopツールの使い方(ツールの構成)〜フォトショの基本知識!

photoshopの基本知識が知りたい
使い方が知りたい
そんな初心者の方へ

photoshopの基本知識や基本の使い方を
何回かに分けて紹介していきたいと思います。

まずは基本知識として
ワークスペースの構成
ツールパネルの構成についてです。

photoshop〜ワークスペースの構成

まずはphotoshopのワークスーペースについて
説明します。
まずはこのワークスペースを覚えましょう。

《ワークスペースの構成》

●メニューバー
ファイルの新規作成や保存といった基本操作や
ドキュメントウインドウ上の画像を処理するための
いろいろな処理項目がある。

●ツールパネル
画像の加工などに利用出来るいろいろな
ツールがあるパネル

●オプションバー
ツールパネルで選択したツールに関する
各種オプションが表示されているバー。
表示される内容は
ツールによって自動的に変わる。

●パネルドック
画像を加工、編集、管理するための
いろいろな機能がまとめられたもの。
パネルは表示、非表示を切り替えられる。
またアイコン化することもできる。

●ドキュメントウインドウ
開いた画像が表示されるエリア。
ウインドウ上部にある
ドキュメントタブをクリックして
切り替えることで開いた複数の画像を
選ぶことができる。

●ステータスバー
ドキュメントウインドウに表示されている
画像のファイル情報(サイズ、解像度)を
見ることができるエリア。

《ワークスペースの保存について》

ワークスペースは画面上に表示する
パネルの種類、配置場所、表示方法などを
自由に決めることができ
その状態を保存することができます。

自分の作業がしやすい状態を
保持できるということですね。

●ワークスペースの保存の手順
1.メニューバーから[ウインドウ]→
[ワークスペース]→[新規ワークスペース]を
選択して[新規ワークスペース]ダイアログを
表示する。

2.任意の名前を入力して
[保存]ボタンをクリックする。
ワークスペースの保存完了。

●保存したワークスペースの選択手順
1.メニューバーから[ウインドウ]→
[ワークスペース]を選択して
保存したワークスペース名を選択します。

2.するとワークスペースの状態が
選択したワークスペースの状態に
切り替わります。

●ワークスペースの削除手順
1.メニューバーから[ウインドウ]→
[ワークスペース]→
[ワークスペースを削除]を選択します。

2.表示される[ワークスペースを削除]
ダイアログで目的のワークスペースを選択して
[削除]ボタンをクリックして終了です。

スポンサードリンク

photoshop〜ツールパネルの構成

photoshopで作業する際には
このツールパネルが作業の起点になります。
まずはツールパネルの構成を覚えましょう。

ちなみにツールパネルには
約60種類のツールが格納されています。

《ツールパネルの構成》

ツールパネルはツールの役割によって
4つのエリアに分かれています。

❶選択、切り抜き、情報収集系のツール
❷ペイント、レタッチ系のツール
❸描画系のツール
❹画面表示系のツール

さらにのところで
ツールアイコンの右下の三角部分を
長押しすると同一グループの
他のツールに切り替えることができます。

また、のところの「 》》」ボタンを
クリックするとパネルの表示を2列に
切り替えることができます。

❼カラー設定
❽クイックマスクの切り替え
❾スクリーンモードの切り替え

まとめ

以上、
ワークスペースの構成と
ツールパネルの構成でした。

次回はツールパネルに格納されている
約60種のツールについて紹介します。

次→各ツールの概要

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。