ユニクロのエアリズムステテコをズボン下に履いて汗のベタつきを解消!

 

連日暑いですね〜(汗)

暑いとやはり汗のべとつき
気になりますよね。
自分は特に足汗がすごいので
ズボンが汗でベタつくのが嫌ですね。

そこで数年前から使用しているのが
ユニクロのエアリズム ステテコです。
これを下着代わりに直ばきして
ズボンの汗のベタつき対策しています。

けっこうオススメなので
紹介したいと思います。

スポンサードリンク
 

ユニクロのエアリズムステテコをズボン下に履いて汗のベタつきを解消!

ユニクロのエアリズムインナーシリーズは
もう有名なので知っているかと思います。

今や普通のエアリズムタイプ以外に
メッシュタイプ、シームレスタイプと
いろんな種類がありますね。

ちなみに
●普通のエアリズム
極細繊維を使っていて履いていることを
忘れるくらいの軽くてひんやりした
肌触りの素材でできたインナー

●メッシュタイプのエアリズム
メッシュ素材を使ったインナー
軽くて通気性が良い

●シームレスタイプのエアリズム
特殊なメッシュ編みで通気性が良いインナー。
ネックと袖口の縫い目がないのが特徴。

共通する機能としては
抗菌防臭、ドライ、ストレッチ、接触冷感
となかなかの高機能。
 
 
そして今回紹介したいのは
普通のエアリズムタイプの中の
ステテコです。

自分はなぜか腰から下に汗をよくかくので
ズボンなどを履くと太ももやひざあたりの
汗のベタつきズボンも汗でベタベタに
なるんですよね。

特に座ったりする時など
足を曲げた時などにズボンと肌が
汗でくっついて足が曲げづらかったりと
不快なことが多く困っていました。

そんな時、
6、7年前にたまたまユニクロで
見つけたのがステテコだったんです。

その時はまだエアリズムではなかったんですが
シルクのような速乾性がある素材である点は
今と大体一緒のものでしたね。

試しに買って着用したら
なんとズボンの汗のベタつきが
解消されました。

ステテコの素材がサラサラな感じなので
ズボンの中で足もよく滑り動きも
スムーズになり汗による肌とズボンが
くっつく不快さから解消されたんですよね。

現在ではエアリズムのステテコとして
売っているのでそれ着用しています。
昔と比べると素材も進化してより
快適になりましたね。

スポンサードリンク

ユニクロのエアリズムステテコをズボン下に履いて汗のベタつきを解消!
なぜステテコが良いのか?

ということで今やステテコが手放せない
感じになっていますが
なぜエアリズムのステテコが良いのか?

ステテコは膝下まであり
大体7分丈くらいの長さです。

そうすると汗をかいたときに
肌が直接ズボンに触れる面積が少なく
ステテコが触れる面積が多いので
肌とズボンとの直接のベタつきが
ほぼなくなります。

特にエアリズムはシルクのような
サラサラした肌触りで
汗をすぐに乾かすドライ素材なので
そのステテコをはくことによって
ステテコがズボンと触れても汗のベタつきが
少なく滑るので動きづらさなどの不快さが
なくなるというわけです。

 
 
またステテコを履かない場合は
直接汗がズボンに吸収されるので
ズボンの素材によっては
特にジーンズなどは汗がなかなか
乾かないですよね。
それが汗のベタつきの不快さになります。

ステテコをはくとかいた汗は
エアリズム素材によって早く乾きやすく
なるのでズボンに汗が移りにくくなります。
ズボンの汗の不快さもかなり軽減されます。

また夏などはルームウエアとして
ステテコ一枚で過ごすこともできるので
涼しくて良いですよ。

自分のように足によく汗かく人で
ズボンのベタつきに困っている人には
以上のような良い点があるので
すごいオススメですよ。

通勤のスーツの下に履くのも
オススメですね。

ちなみに自分はステテコを
下着として直ばきして使用しています。
いろいろ見ると
エアリズムステテコは
直ばきする人、
しないで下に下着を履く人に
別れるみたいですね。
これは好みでって感じで。

まとめ

ユニクロエアリズムのステテコ
オススメです!

特に
●足によく汗をかきズボンの汗のベタつきに
困っている人、オススメです。

なぜ良いか?
●サラサラしたエアリズム素材のステテコが
汗のベタつきによる動きづらさなどの
不快さを軽減してくれる。

●エアリズム素材が速乾性があるので
汗が乾きやすいのでズボンに汗が移りにくく
ズボンの汗のベタつきが軽減される。

ぜひお試しを!

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。