登山初心者が安心して登れる2,000m級のおすすめの山、湯の丸山

   2017/08/30

4年前の8月の終わりに、
登山を始めて間もない頃
初心者でも登れる2,000m級の山を
探して登りに行った湯の丸山

一時間ほどで登れる2,000級の湯の丸は
晴れてる時には山頂から北アルプスまで
見渡せることができる好展望の山。
また一面咲き誇るツツジも有名です。

今回は登山初心者にもおすすめ
湯の丸山を紹介します。

スポンサードリンク
 

登山初心者が安心して登れる2,000m級のおすすめの山、湯の丸山

登山を始めた頃2,000m級の山に憧れて
手軽に登れる山はないかと探して
見つけた山が湯の丸山でした。

登山を始めた頃って高い山に
憧れるんですよねー。

湯の丸山は展望も良いということで
行ったんですが当日は登り口から
すごくガスっていて山頂からの
眺めはなくがったりだったんです。

しかも山頂では風が寒く
高山の気温の違い驚かされました。

しかし晴れていれば
最高の景色は本当なので
気軽に登れた湯の丸は初心者の方に
はおすすめですね。
そんな湯の丸を紹介したいと思います。

《湯の丸山とは》
湯の丸山は長野県の浅間連峰の西側にあり
南峰2101m、北峰2099mの山です。

山頂からの眺めは360度のだいパノラマで
北アルプスや八ヶ岳、富士山などが見渡せます。

また70万株とも言われるレンゲツツジの
大群落も有名で6月下旬ごろが見頃になってます。

湯の丸山へのアクセス方法は?

《電車、バスの場合》
北陸新幹線佐久平駅→路線バス湯の丸下車

《車の場合》
関越道小諸I.C→浅間サンライン道路の
別府交差点を右折→湯の丸高原
(小諸I.Cから15キロ)

または

関越道東部湯の丸I.C→浅間サンライン道路の
別府交差点を左折→湯の丸高原

湯の丸山の登山コースは?

湯の丸山は山の下部にあるスキー場が
登山口になっています。

コースとしては2パターンあり
往復するコースと周回コースがあります。

《往復コース》
登山口となるスキー場→鐘分岐→
湯の丸山頂南峰→鐘分岐→登山口となるスキー場
(往復2:30休憩は含まず)

《周回コース》
登山口となるスキー場→鐘分岐→
湯の丸山頂南峰→鞍部→登山口となるスキー場
(周回3:00休憩は含まず)

スポンサードリンク

湯の丸山の登山記録

関越道を降り山へ向かうと
山の上部付近がガスってるのを
気にしつつ登山口がある
湯の丸スキー場の駐車場を目指しました。

駐車場に着くとかなりガスっていて
視界がかなりやばかったです。
大丈夫かと思いつつ身支度して
出発です。

今回のルートは下記の周回コースです。
登山口となるスキー場→鐘分岐→
湯の丸山頂南峰→鞍部→登山口となるスキー場

まずはスキー場のゲレンデの中を登ります。
すごいガスの中を歩きました。
コースがよくわからなかったですが
とにかく登ります。

↓するとなんか巨大なものがぼんやり
見えてきました。なんだろ?
近づいていくと 
わっ!?牛だ!でかい!
びっくりしました(笑)
牛の放牧中とは。
めっちゃこっち見てます(汗)
ビビりながら牛の中を歩きました。

 
↓ゲレンデ上部に到着し
しばらく歩くと鐘分岐にきました。

 

↓鐘分岐から山頂までこんな感じの
ところを登ります。
ガスっていて視界が悪い。
晴れないかなーと祈りつつ登ります。

 
↓湯の丸山頂南峰に到着しました。
360度のパノラマがない。。
まあ薄々わかっていましたが残念。。

 
↓山頂はちなみにこんな感じで広いです。

 
とりあえず飯にしました。
お湯を沸かしてカップ麺です。

お湯が沸くのを待っている時
吹き付ける風で髪が少し凍ってきました。
寒い。。
標高2,000mを超えると天候が悪くなると
こんなに寒くなるのかと登山初心者として
いい勉強にはなりました。

飯を食べたら寒いので早々に降りました。
今回は周回コースなので
別のルートから下ります。

こちらのコースの下りは
滑りやすいので注意ですね

↓鞍部に到着しました。
ここまで降りてくるとガスは
とれてましたね。

 
ここからは登山口があるスキー場
目指して歩いていきます。

↓登山口があるスキー場ゲレンデに到着です。
ゲレンデはすっかりガスがとれていて
一望できました。
ゲレンデこんな感じだったんですね。
牛もまだ放牧されてますね。

まとめ

湯の丸山を紹介しました。
山頂からの展望はガスで見えなく
残念でした。

今度また晴れている日にリベンジ
したいなと思います。

晴れていれば山頂からの眺めは
最高のはずなので気軽に登れる
この湯の丸山は初心者の方に
おすすめです。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

人気ブログランキング

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。