携帯の通信量を節約する方法とは?無料wifiアプリを利用しよう!

   2017/07/03

毎月の携帯通信量って結構気をつかいますよね。
ユーチューブの動画など見てるとあっという間に
通信制限されるなどよくあります。

通信量は携帯買うときの料金プランによるので
人それぞれ違いますがで使いすぎて通信制限
されないようにできるだけ通信量って
抑えたいものですよね。

そんな時に利用すると便利なのが
無料wifi(無料公衆無線LANサービス)です。
最近では無料wifiが使えるスポットが街中に
たくさんあるので街利用すると無料で通信できますよ。

そして無料wifiを利用するのに便利なアプリが
「Japan Connected-free Wi-Fi」というアプリです。

今回はそんなアプリを紹介しますね。

スポンサードリンク
 

携帯の通信量を節約する方法として無料wifiアプリを使おう

携帯の通信量を節約するためには
街中にある無料wifi(無料公衆無線LANサービス)
利用するのがいいと思います。

無料で通信できるので安心して
ユーチューブなどの動画なども見れるので
街中にある無料wifiスポット探して利用したいですね。

しかしスポット探すのは結構大変ですよね。
そんな時に便利なのが無料wifiを探せて
簡単に接続できるアプリ
「Japan Connected-free Wi-Fi」です。

これ実は訪日外国人向けとして提供されている
アプリなんですが日本人も利用できます。

自分の現在地から利用できる無料wifiが
地図上に表示され簡単に無料wifiが探せますし
かなりの無料wifiスポット(コンビニ、駅、
商業施設など)が利用できるので非常に便利ですね。

またこのアプリが便利なところは
無料wifiを接続しようとすると
そのサービスごとにメールアドレスの登録など
利用登録しなければならないのですが
それをしなくていい点です。

アプリが探してくれた無料wifiに
接続するだけで利用できるんです。
登録するのはアプリをインストール
した後にするアプリの利用登録だけです。

無料wifiアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」の使い方

1.まずはアプリをダウンロードしましょう。
AndroidスマートフォンはGoogle Play
iPhone、iPadはApp Storeから
「Japan Connected-free Wi-Fi」アプリを
インストールしましょう。

Japan Connected-free Wi-Fi


 
2.インストールしたらメールアドレス、
年齢、氏名を登録するとアプリが
使えるようになります。

3.アプリを起動したらwifiスポットを検索し
それを参考にしながら利用できるところに移動したら
アプリのConnectボタンを押せばネットに接続できます。

たったこれだけで接続できるのは便利ですよね。

自分はiPhoneを利用してますが
iPhoneのでこのアプリを利用するときは
iPhoneの設定からwifiをオン、
位置情報をオンにしておきましょう。

左下のボタンでwifiスポットを検索できます。

地図にwifiスポットが現れ自分の現在地から近くにスポットがあるかないかがわかります。

wifiスポットエリアに行き接続ボタンを押せばつながります。

 

スポンサードリンク

無料wifiアプリを利用する時の注意点

●接続制限がサービスごとにある。
例えばFamily Martの無料wifiを利用する場合は
1回の接続は20分までで1日3回までと制限があります。
このようにサービスごとの制限がある場合が
あるので注意が必要です。

●サービスによって接続のセキュリティが違う。
通信が暗号化されていれば傍受されても内容が
漏れることはないですがされていないと漏れる
場合があるので危険です。

例えばネットで買い物をしてクレジットカード
情報を送信するときなど暗号化された通信なら
大丈夫ですがされていないと危ないということです。

このアプリは接続先は選べても接続方法が
セキュリティが大丈夫な接続かまではわからないです。
サービス側の接続方法がセキュリティ大丈夫か
わからない場合で万が一漏れては困る情報が
あるときは接続しないのがいいです。

まとめ

携帯の通信量を節約する方法として無料wifiアプリ
「Japan Connected-free Wi-Fi」を紹介しました。

便利なアプリなので通信量に気を使っている人は
使ってみてはどうでしょうか。

応援していただけると、借金完済が早まり涙が出るほどありがたいです!

節約・貯蓄 ブログランキングへ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。